メインメニューを開く

智努女王(ちぬじょおう/ちぬのおおきみ、生没年不明)は、奈良時代皇族万葉集円方女王がその死を悼む歌を詠んでいることから、長屋王の娘(円方女王の姉)、または妻妾(円方女王の母)と考えられている。

生涯編集

養老七年(723年)1月、従四位下神亀元年(724年)2月、従三位

またこれ以前、元明天皇の治世(慶雲4年(707年) - 和銅8年(715年))に伊勢斎宮に参入したとされている[1]

没年は不明であるが、『万葉集』に「智努女王の卒し後、円方女王の悲しび傷みて作る歌一首」の詞書で

  • 夕霧に千鳥の鳴きし佐保路をば荒しやしてむ見るよしをなみ(20-4477)

の歌があり、長屋王の娘である円方女王と親密な関係にあったと考えられている。

また、長屋王家出土木簡には「珎努若翁」[2]と記されたものがある。

脚注編集

  1. ^ 一代要記』元明天皇項によると、田方(田形)内親王多貴(多紀)内親王が各一度参入(伊勢参詣)し、次に智努女王、次に円方女王が各一度参入したとある。
  2. ^ 「若翁」は長屋王の子女と考えられている。