メインメニューを開く
『真草千字文』(部分)
智永筆

智永(ちえい、生没年不詳)は、中国よりの時代にかけて活躍したであり、書家である。会稽郡山陰県(現在の浙江省紹興市柯橋区平水鎮)の出身。本貫琅邪郡臨沂県。俗姓は王氏で、名は法極、永禅師とした。書聖王羲之の五男の王徽之の七世孫にあたる。

業績編集

兄の慧欣(王孝賓)と一緒に出家し、には山陰の永欣寺(もとの名は嘉祥寺)に住していたが、代になって長安西明寺に移り住んだ。家伝した王羲之の書法を最も能くし、なおかつその書体を研究し、筆致は円勁にして秀潤、とくに草書に優れた。永欣寺の閣上に30年閉じこもって『真草千字文』800余本を臨書し、江東(長江下流域)の諸寺にそれぞれ1本を施入したという。智永の『真草千字文』は、日本に伝わる真蹟本として著名である。文として『書(題)右軍楽毅論』等がある。

真草千字文編集

真草とは、真書(しんしょ、楷書)と草書の2つの書体のこと。
智永の『真草千字文』には、関中本(かんちゅうぼん)と宝墨軒本(ほうぼくけんぼん)の2種の刻本のほか、日本に真蹟が1本ある。個人蔵。国宝

関連項目編集

参考文献編集