暁 千星(あかつき ちせい、9月14日[1] - )は、宝塚歌劇団月組に所属する男役スター。

広島県福山市[1]福山暁の星女子中学校出身[1]。身長173cm[1]。血液型A型[2]。愛称は「ARI」[1]

来歴編集

2010年、宝塚音楽学校入学。

2012年、宝塚歌劇団に98期生として首席入団[3][4][5][6]宙組公演「華やかなりし日々/クライマックス」で初舞台[1][6]

2013年、阪急阪神の初詣ポスターモデルに起用される[6]。同年、組まわりを経て月組に配属[6]

入団当初から抜群の運動神経を生かしたダンスで注目され[7]、2014年、「明日への指針」で新人公演初主演[3][5][6][7]。入団3年目での抜擢となった[3]

2015年、「1789」で2度目の新人公演主演[4][6][7]。本公演ではトップ娘役・愛希れいかの恋人役フェルゼンを演じる[4][6]。続くバウ・ワークショップ「A-EN ARI VERSION」で、バウホール公演初主演[8][9][5][7]

2016年、龍真咲退団公演となる「NOBUNAGA」で、3度目の新人公演主演[3][7]

2017年、「Arkadia」でバウホール公演単独初主演[5][7][10]

2018年、愛希れいか退団公演となる「エリザベート」で、4度目の新人公演主演を務め、新人公演を卒業[11][7][10]。本公演では役替わりでルドルフを演じる[7]

人物編集

父親は元プロ野球選手の山内和宏[5]

5歳からバレエを習い始め、一時期は本気でバレリーナを目指していた[10]。しかし中学3年で172㎝になってしまい、高身長を理由にその道を断念[10]。そんな時に出会った新たな夢が宝塚歌劇団の男役だった[10]

主な舞台編集

初舞台編集

  • 2012年4〜5月、宙組『華やかなりし日々』『クライマックス-Cry-Max-』(宝塚大劇場

組まわり編集

  • 2012年6〜7月、宙組『華やかなりし日々』『クライマックス-Cry-Max-』(東京宝塚劇場
  • 2012年10〜12月、雪組JIN-仁-』 - 運命の舞夢『GOLD SPARK!-この一瞬を永遠に-』

月組時代編集

出演イベント編集

  • 2015年12月、『タカラヅカスペシャル2015-New Century,Next Dream-』
  • 2016年12月、『タカラヅカスペシャル2016〜Music Succession to Next〜』
  • 2017年10月、第54回『宝塚舞踊会』
  • 2017年12月、『タカラヅカスペシャル2017 ジュテーム・レビュー-モン・パリ誕生90周年-』
  • 2018年12月、『タカラヅカスペシャル2018 Say! Hey! Show Up!!』
  • 2019年1月、『演劇人祭』(外部出演)

広告編集

受賞歴編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f 『宝塚おとめ 2020年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2020年、51頁。ISBN 978-4-86649-125-7
  2. ^ 「To The Future」『宝塚GRAPH』2014年1月号、阪急コミュニケーションズ、2013年、105頁
  3. ^ a b c d e f g 村上久美子 (2016年7月21日). “男らしさを意識し、ひげの信長に「挑戦」/暁千星”. 日刊スポーツ. https://www.nikkansports.com/entertainment/column/takarazuka/news/1682019.html 2019年12月7日閲覧。 
  4. ^ a b c d “月組期待の暁千星、新人公演で主演”. デイリースポーツ. (2015年5月12日). https://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2015/05/12/0008019318.shtml 2019年12月7日閲覧。 
  5. ^ a b c d e f g h i 村上久美子 (2017年11月23日). “バウ単独初主演 南海投手父の背に自ら重ね/暁千星”. 日刊スポーツ. https://www.nikkansports.com/entertainment/column/takarazuka/news/201711230000395.html 2019年12月7日閲覧。 
  6. ^ a b c d e f g h i j 村上久美子 (2015年4月16日). “新人公演の主演2人にスポット”. 日刊スポーツ. https://www.nikkansports.com/entertainment/column/takarazuka/news/1462280.html 2019年12月7日閲覧。 
  7. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 村上久美子 (2018年8月23日). “最後の新人公演で主演「青春が終わる感じ」/暁千星”. 日刊スポーツ. https://www.nikkansports.com/entertainment/column/takarazuka/news/201808230000380.html 2019年12月7日閲覧。 
  8. ^ a b 薮下哲司 (2015 -09-15). “暁千星 最高のバースデー、バウ・ワークショップ「A-EN」アリバージョン開幕”. 薮下哲司の宝塚歌劇支局プラス. https://ameblo.jp/takarazukakagekishikyoku/entry-12073504303.html 2019年10月6日閲覧。 
  9. ^ a b “元南海山内氏次女・暁千星、宝塚初主演”. デイリースポーツ. (2015年9月15日). https://www.daily.co.jp/gossip/takara_topics/2015/09/15/0008396674.shtml 2019年12月7日閲覧。 
  10. ^ a b c d e f g h i 「入団8年目。新たなステージの幕開けの予感がしています」月組 暁千星さん”. Marisol. 2019年10月19日閲覧。
  11. ^ a b 宝塚月組新人公演「エリザベート」主演の暁千星「独特の空気感でした」”. デイリースポーツ. 2018年9月11日閲覧。

外部リンク編集