暗い港のブルース (ザ・キング・トーンズ)

暗い港のブルースは、1971年5月に発売された、ザ・キング・トーンズシングルレコードである。

暗い港のブルース
ザ・キング・トーンズシングル
B面 いつか陽が昇る
リリース
ジャンル 歌謡曲
時間
レーベル 日本グラモフォン
作詞・作曲 原詩:薩摩忠
作詩:なかにし礼
作曲:早川博二
テンプレートを表示

解説編集

本作は元々、1960年代ジャズバンドのモダン・プレイボーイズのメンバーであった早川博二の作曲により発表したインストゥメンタル曲がルーツであり[1]1963年詩人薩摩忠が歌詩をつけてフランク赤木日本グラモフォンポリドール、DJ-1404)にてレコーディングして発売した[2]

1971年に発売されたザ・キング・トーンズ盤は、早川博二の曲はそのままに作詞家のなかにし礼が歌詩を全面的に書き直して[3]新たにレコーディングする形で製作された。このため、ザ・キング・トーンズのオリジナルのような形になっている。

本曲は後に藤圭子(『聞いて下さい私の人生〜藤圭子コレクション』収録)、ちあきなおみ(アルバム「そっとおやすみ」収録[4])がカヴァーしている。

収録曲編集

  1. 暗い港のブルース(DR-1061)
    原詩:薩摩忠 作詩:なかにし礼 作・編曲:早川博二
  2. いつか陽が昇る
    作詩:さとうるみ 作曲:みやあきら 編曲:村尾敏英
    歌唱:ザ・キング・トーンズ

脚注編集

  1. ^ モダン・プレイボーイズ ORICON STYLE
  2. ^ 「暗い港のブルース」の原盤探索 「暗い港のブルース」フランク赤木 ラフャール魔風のマニアックブログ
  3. ^ 但し、ザ・キング・トーンズ盤シングルでは原詩:薩摩忠とクレジットされている。
  4. ^ そっとおやすみ 日本コロムビア・ちあきなおみ