メインメニューを開く

あらすじ編集

舞台版編集

アメリカでの公演編集

1966年(初演)[1]編集

1966年2月2日から7月2日までブロードウェイエセル・バリモア劇場で上演。演出はアーサー・ペン。 その後、いくつかの劇場で上演され、1966年12月31日のクロージングまでの総公演数は373に及んだ。 リー・レミックが第20回トニー賞演劇主演女優賞にノミネートされた。

キャスト編集

1998年[2]編集

1998年4月5日から6月28日までブルックス・アトキンソン劇場で上演。演出はレオナルド・フォーリャ。 総公演数は97。

キャスト編集

日本での公演編集

上演記録編集

2007年[3]
2007年9月12日 - 9月17日 シアター1010
演出:青井陽治
2009年~2010年[4]
プレビュー公演:2009年12月12日 シアター1010
大阪公演:2009年12月15日 - 18日 シアター・ドラマシティ
東京公演:2009年12月20日 - 29日 東京グローブ座
愛知公演:2010年01月09日 名鉄ホール
仙台公演:2010年01月11日 イズミティ21
演出:板垣恭一/音楽:NAOTO
2019年[5]
東京公演:2019年1月25日 - 2月3日 池袋サンシャイン劇場
兵庫公演:2019年2月08日 - 10日 兵庫県立芸術文化センター
愛知公演:2019年2月16日 - 17日 ウインクあいち
福岡公演:2019年2月23日 福岡市民会館
演出:深作健太加藤和樹凰稀かなめのW主演。

キャスト編集

  2007年 2009-10年 2019年
スージー 彩輝なお 朝海ひかる 凰稀かなめ
ロート 浦井健治 加藤雅也 加藤和樹
マイク 須賀貴匡 葛山信吾 高橋光臣
クローカー 徳山秀典 窪塚俊介 猪塚健太
サム 岡本竜汰 山口馬木也 松田悟志
グローリア 黒岩伶奈 伊藤有沙 黒澤美澪奈
警官1 小磯勝弥 石川雅宗 九内健太
警官2 矢野喬之 河合朗弘 橋谷拓玖

外部リンク編集

映画版編集

TV版編集

  • 涙・暗くなるまで待って』(1978年 日本)
スタッフ
監督:中平康
原作:フレデリック・ノット
脚本:長谷川公之
キャスト
秋吉久美子小野寺昭米倉斉加年森本レオ小池朝雄
テレビ朝日系列の土曜ワイド劇場において、ウィリアム・アイリッシュ原作の『涙・じっと見つめる目』(1977年10月29日放送)、『涙・あいつは今夜もいない』(1978年4月1日放送)に続く「涙シリーズ」の第3作として製作され、1978年11月11日に放送された。
撮影終了一か月後の1978年9月11日に死去した監督の中平康にとってこのドラマが遺作となった。撮影中すでに末期ガンに冒されていた中平は、吐血しながらも点滴を射ち、担架に寝ながらメガホンを取るという過酷な状況だったが、執念でこのドラマを最後まで撮り上げたという。


  • "Wait Until Dark" (1982年 アメリカ)
スタッフ
監督:バリー・デイヴィス
原作:フレデリック・ノット
音楽:ラロ・シフリン
キャスト
キャサリン・ロスステイシー・キーチ、ジョシュア・ブライアント、エドワード・ウィンター
1982年にキャサリン・ロス主演でテレビドラマ化された。

脚注編集