暗くなるまで待って (映画)

暗くなるまで待って』(くらくなるまでまって、原題: Wait Until Dark)は、1967年アメリカ合衆国サスペンス映画。監督はテレンス・ヤング、出演はオードリー・ヘプバーンアラン・アーキンなど。

暗くなるまで待って
Wait Until Dark
監督 テレンス・ヤング
脚本 ロバート・ハワード・カリントン
ジェーン=ハワード・カリントン
原作 フレデリック・ノット英語版
暗くなるまで待って
製作 メル・ファーラー
出演者 オードリー・ヘプバーン
アラン・アーキン
リチャード・クレンナ
音楽 ヘンリー・マンシーニ
撮影 チャールズ・ラング
編集 ジーン・ミルフォード
製作会社 ワーナー・ブラザース
配給 アメリカ合衆国の旗 WB7
日本の旗 ワーナー・ブラザース
公開 アメリカ合衆国の旗 1967年10月26日
日本の旗 1968年5月1日[1]
上映時間 107分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $3,000,000(見積値)[2]
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $17,550,741[3]
配給収入 日本の旗 2億2671万円[4]
テンプレートを表示

フレデリック・ノット英語版による1966年初演の同名舞台劇を映画化した作品である。

ストーリー編集

写真家のサムは、降り立った空港のロビーで、見知らぬ女から一体の人形を預けられた。サムは不審に思うも、とりあえずその人形をNYのアパートまで持ち帰る。しかし実は、その人形にはヘロインが隠されており、見知らぬ女・リサは犯罪グループからそれを奪って逃走していたのだ。

人形を血眼になって探していた犯罪グループのマイク、カルリーノ、ロートの3人組は、サムのアパートを突き止める。しかしサムは外出中であり、アパートの部屋にはサムの盲目の妻・スージーがいた。3人は芝居を打ち、スージーから人形の在りかを聞き出そうとするが、彼女自身も知らないという。

スージーは目は見えないが、次々に現れる奇妙な訪問客やアパート内の不穏な空気に、ただならぬ状況であることに気付き始める。しかしそれは、これから訪れる恐怖と、3人組との死闘のはじまりに過ぎなかった。

キャスト編集

日本語吹替版編集

役名 俳優 NET
スージー・ヘンドリクス オードリー・ヘプバーン 池田昌子
ハリー・ロート アラン・アーキン 内海賢二
マイク・トールマン リチャード・クレンナ 井上孝雄
サム・ヘンドリクス エフレム・ジンバリスト・Jr 黒沢良
カルリーノ ジャック・ウェストン 滝口順平
リサ サマンサ・ジョーンズ 高島雅羅
シャトナー フランク・オブライエン
少年 ゲイリー・モーガン
ルイ ジャン・デル・ヴァル
NET版
1975年4月13日 21:00-22:55 『日曜洋画劇場』初回放送。
その他声の出演:浅井淑子/北村弘一/三枝みち子/作間功/仲木隆司
演出:春日正伸、翻訳:宇津木道子、選曲:赤塚不二夫、効果:PAG、調整:山田太平、プロデューサー:植木明、解説:淀川長治、製作:日米通信社

エピソード編集

  • 監督のテレンス・ヤングとオードリー・ヘプバーンはマーケット・ガーデン作戦の時に共にアルンヘムにいたことを発見している。テレンス・ヤングはイギリス軍戦車部隊長で、アルンヘムとヘプバーンの居たその近郊を徹底的に破壊する砲撃の指揮をとっていた。「もう少し左を狙っていたら(ヘプバーンを撃ってしまって)、今頃はこの仕事についていないだろう」とよく冗談を言っていたという[5][6]
  • クライマックスが始まるラスト30分間は劇場の扉に赤ランプが点き、「劇場内への途中入場はできません。しばらくロビーでお待ちください。」という掲示がかけられ、公安上許されるギリギリまで劇場内の照明を消して上映された[7][8]

作品の評価編集

映画雑誌『スクリーン』で「ぼくの採点表」というコーナーを持っていた映画評論家双葉十三郎氏の評価は☆☆☆☆で80点(ダンゼン優秀)[9]。これはオードリー・ヘプバーン作品では『ローマの休日』の☆☆☆☆★(85点)[10]に次いで、『麗しのサブリナ』『パリの恋人』『昼下りの情事[10]シャレード』『マイ・フェア・レディ』『いつも2人で[9]と並ぶ高得点である。

映画雑誌『キネマ旬報』1968年度第13位。

映画雑誌『スクリーン』の1969年批評家投票第9位[11]、読者投票4位[12]

Rotten Tomatoesによれば、20件の評論のうち、95%にあたる19件が高く評価しており、10点満点中7.99点を得ている[13]

受賞歴編集

出典編集

  1. ^ 南俊子.『シネアルバム5 オードリー・ヘプバーン』 (1971年12月20日初版発行).芳賀書店.
  2. ^ Wait Until Dark (1967)” (英語). IMDb. 2019年9月20日閲覧。
  3. ^ Wait Until Dark (1967) - Financial Information” (英語). The Numbers. 2019年9月20日閲覧。
  4. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、2012年)251頁
  5. ^ ショーン・ヘプバーン・フェラー (2004年5月18日). 『母、オードリーのこと』p4. 竹書房 
  6. ^ 『audrey hepburn treasures』p127. 講談社. (2006年9月25日) 
  7. ^ 『カタログ オードリー・ヘプバーン』p126. 雄鶏社. (1977年1月25日初版発行) 
  8. ^ 初公開時、および1971年リバイバル時の公式プレスシートより
  9. ^ a b 双葉十三郎 (1988年6月30日初版発行). 『ぼくの採点表2 1960年代』. トパーズ・プレス 
  10. ^ a b 双葉十三郎 (1990年10月15日初版発行). 『ぼくの採点表1 1940/1950年代』. トパーズ・プレス 
  11. ^ 『スクリーン』1969年3月号(1月発売). 近代映画社 
  12. ^ 『スクリーン』1969年5月号(3月発売). 近代映画社 
  13. ^ Wait Until Dark (1967)” (英語). Rotten Tomatoes. 2020年5月17日閲覧。

外部リンク編集