暗号通貨の一覧

ウィキメディアの一覧記事

暗号通貨の一覧(あんごうつうかのいちらん)では、主要な暗号通貨を一覧にして示す。2018年2月時点で、インターネット上で利用できる暗号通貨の数は1500を超え[1]、さらに増加している。新しい暗号通貨は、いつ作られるともわからない[2]。時価総額では、ビットコインは現在、最大のブロックチェーンネットワークであり、EthereumRippleBitcoin CashCardano、およびLitecoinが続いている(2018年2月15日現在)[1]

一覧編集

リリース 状態 通貨 記号 開発者 ハッシュアルゴリズム 実装プログラミング言語 暗号通貨ブロックチェーン

(PoS, PoW, その他)

備考
2009 Active Bitcoin BTC,[3][4] XBT, Satoshi Nakamoto[nt 1] SHA-256d[5][6] C++[7] PoW[8] 最初の分散元帳通貨。最も有名で、人気があり、注目に値する、時価総額の高い暗号通貨。
2011 Active Litecoin LTC, Ł Charlie Lee scrypt英語版 C++[9] PoW 暗号解読アルゴリズムとしてScryptを使用した最初の暗号通貨。
2011 Active Namecoin NMC Vincent Durham[10][11] SHA-256d C++[12] PoW 代替の分散型DNSとしても機能する。
2011 Active SwiftCoin STC Daniel Bruno SHA-256 PoW 電気を生産するのに必要な仕事に基づく理論値を持つ最初のデジタルコイン。 債務に支払われた利子によって通貨創出をサポートする最初のブロックチェーン。 Solidus Bondのプロトスマートコントラクト。 米国で特許取得された最初のデジタルコインの1つ。 添付ファイル付きの暗号化メールをサポートする最初のブロックチェーン。
2012 Active Bytecoin BCN CryptoNote C++[13] PoW CryptoNoteアルゴリズムに基づいた最初の暗号通貨。インパッシブな取引や匿名の取引を通じてユーザーのプライバシーに焦点を当てた。
2012 Active Peercoin PPC Sunny King(ハンドルネーム) SHA-256d[14] C++[15] PoW & PoS POW機能とPOS機能を使用する最初の暗号通貨。
2013 Active Dogecoin DOGE, XDG, Ð Jackson Palmer

& Billy Markus[16]

Scrypt[17] C++[18] PoW インターネットミームに基づく。
2013 Active Emercoin EMC EvgenijM86 & Yitshak Dorfman SHA-256 C++[19] PoW & PoS 任意の小さなデータのための信頼されたストレージ:代替、分散型DNS、PKIストア、SSLインフラストラクチャなどとして機能する
2013[20] Active Feathercoin FTC, Peter Bushnell, Brasenose College of Oxford University NeoScrypt C++[21] N/A 約60秒のブロックタイム
2013[22][23] Active Gridcoin GRC Rob Hälford [24] Scrypt C++[25] 分散PoS Berkeley Open Infrastructure for Network Computingを通じて市民科学と結び付けられた初めての暗号通貨[26][27]
2013 Active Omni MSC J. R. Willett [28] SHA-256d[29] C++[30] N/A Omni は、暗号通貨としてだけではなく、ブロックチェーン技術を使った通信プロトコルとしての機能も備える
2013 Active Primecoin XPM Sunny King(ハンドルネーム)[31] 1CC/2CC/TWN[32] PoW カニンガムチェーンやバイツインチェーンで構成されるプライムチェーンの発見をプルーフ・オブ・ワークに利用することで、有用な副産物を生み出すことができる
2014 Active Reddcoin RDD Larry Ren
PoS[33] PoS 「Reddcoin」はソーシャルネットワーク上でより大規模に、より広く使われることを目指すオープンソースの仮想通貨(コイン)で、ReddcoinはSNSや掲示板内のユーザー同士でReddcoinを送れるようにすることを目標としています。
2013 Active Ripple[34][35][36] XRP Chris Larsen &

Jed McCaleb[37]

ECDSA[38] "Consensus" P2Pの負債取引を目的に設計された。ビットコインの技術を基盤としていない。
2013 Active Nxt NXT BCNext(ハンドルネーム) SHA-256d[39] PoS 具体的には、そのプロトコルを中心にアプリケーションや金融サービスを構築するための柔軟なプラットフォームとして設計されている
2014 Active Auroracoin AUR Baldur Odinsson(ハンドルネーム)[40] Scrypt PoW アイスランドにおける法定通貨の代替として作られた。
2014 Active BlackCoin BC Rat4 (ハンドルネーム) Scrypt PoS ミンティングと呼ばれるプロセスでネットワークを保護する
2014 Active Burstcoin BURST Burstcoin Community SHA-256d Proof of Capacity Proof of Capacityの技術を使った初めての暗号通貨。
2014 Inactive Coinye KOI, COYE Scrypt PoW 商標法によるいざこざ以前には、カニエ・ウェストをマスコットに利用していた
2014 Active Dash DASH Evan Duffield &

Kyle Hagan[41]

X11 PoW & Proof of Service 即時取引、分散型ガバナンスと予算編成、プライベート取引を特徴とするビットコインをベースにした暗号通貨。
2014 Active NEO NEO Da Hongfei & Erik Zhang SHA-256 & RIPEMD160 dBFT 中国ベースのクリプトカレンシー(以前はANTコインを生産するANT Shares)の名前を2017年8月NEO and GAに変更、これらはデジタル資産とスマートコントラクトの開発を可能にする
2014 Active MazaCoin MZC BTC Oyate Initiative SHA-256d PoW 基礎となるソフトウェアは、別の暗号通貨であるZetaCoinから派生
2014 Active Monacoin Mona Monacoinproject / Mr. Watanabe Lyra2Rev2 PoW Monacoin(モナーコイン・モナコイン)とは、日本の巨大掲示板サイト2ちゃんねるのソフトウェア板で、Mr.Watanabe(わたなべ、2chpool ◆bzJIFpVqts)によって開発されている日本初[1]の暗号通貨である。
2014 Active Monero XMR Monero Core Team CryptoNight[42] PoW スケーラビリティと分散化のための改良が加えられたCryptoNoteプロトコルを使用したプライバシー中心のコイン
2015 Active Tether USDT Jan Ludovicus van der Velde[43] Omnicore [44] PoW テザーは、1つのテザーが1USDと正確に一致するように、USDに裏付けられている。これは、他のクリプト通貨をUSDに変換するために一般的に使用される[45]
2014 Active PotCoin POT Potcoin core dev team Scrypt PoS 合法化された大麻業界にサービスを提供するために開発
2014 Active Synereo AMP AMP Dor Konforty & Greg Meredith[46] PoS PoS 世界のコンピュータを作ろうとしているSynereoの2.0テックスタックは、中央サーバーなしで分散型計算をサポートするために必要なすべての学部を組み込んでいる。[47]
2014 Active Titcoin TIT Edward Mansfield & Richard Allen[48] SHA-256d PoW アダルト業界の主要な賞にノミネートされた最初のクリプトカレンシー。 [49]
2014 Active Verge XVG Sunerok Scrypt, x17, groestl, blake2s, and lyra2rev2 PoW
2014 Active Stellar XLM Jed McCaleb Stellar Consensus Protocol (SCP) [50] Stellar Consensus Protocol (SCP) オープンソースの分散型グローバル金融ネットワーク。用途は送金、マイクロペイメント、銀行口座不足者向けサービス、モバイルマネー/支店、プロの設定。
2014 Active Vertcoin VTC Bushido Lyra2RE[51] PoW 次世代ASIC耐性を持ち、ステルスアドレスを初めて実装。
2015 Active NEM XEM UtopianFuture (ハンドルネーム) SHA3-512 Java POI ゼロから構築された最初のハイブリッド・パブリック/プライベート・ブロックチェーン・ソリューションであり、EigenTrust++の評判システムを使用したProof of Importanceアルゴリズムを初めて使用
2015 Active Ether or "Ethereum" ETH Vitalik Buterin[52] Ethash[53] PoW チューリング完全なスマートコントラクトをサポートしている。
2015 Active Ethereum Classic ETC Ethash PoW ブロックチェーンにDAOハードフォークを含まないEthereumの代替バージョン。チューリング完全なスマートコントラクトをサポートしている。
2015 Active IOTA IOT, MIOTA[54] David Sønstebø, Sergey Ivancheglo, Dominik Schiener and Dr. Serguei Popov SHA-3 Java[55] DAG 次世代ブロックチェーンであるTangleを分散型台帳技術として使用した最初の暗号通貨。
2015 Active Sia SC David Vorick, Luke Champine BLAKE (hash function) PoW シーア分散型ストレージネットワークの通貨
2015 Active SixEleven SIL fflo(ハンドルネーム)[56] SHA-256d PoW 代替の分散型DNSとしても機能する。
2016 Active Decred DCR Blake-256 go[57] PoW/PoS Hybrid ガバナンスとハイブリッドPoW/POSを内蔵。
2016 Active Waves Platform WAVES Sasha Ivanov PoS Scala, JavaScript[58] PoS 使いやすさと大量導入を目指して設計されたトークン作成、分散交換、高速な大量トランザクションを特徴とするオープンブロックチェーンプラットフォーム。
2016 Active Lisk LSK Max Kordek DPoS JavaScript[59] DPoS LiskはJavascriptによるdapp作成プラットフォームである。Liskは、DPoS(Delegated-Proof-of-Stake)コンセンサスメカニズムを使用している。
2016 Active Zcash ZEC Zooko Wilcox Equihash PoW ゼロ知識セキュリティを採用した初のオープンでパーミッションレスな金融システムである。
2016 Active Zclassic ZCL Rhett Creighton Equihash PoW Zcash のフォークであり、プレミン/ファウンダーの報酬はない。
2017 Inactive BitConnect BCC
2017 Active Komodo KMD dPoW dPoW(delayed proof of work)ブロックチェーンセキュリティを使用している。[60]
2017 Active Bitcoin Cash BCH[61] SHA-256d PoW ビットコインからのハードフォークで、ブロックサイズが1mbから8mbに増加。
2017 Active Ubiq UBQ Julian Yap[62] Ethash PoW チューリング完全なスマートコントラクトをサポート、Ethereumのエアギャップフォーク
2017 Active EOS.IO EOS Dan Larimer WebAssembly (Rust, C and C++)[63] delegated Proof-of-stake ブロックタイム500msの分散型アプリケーションと分散型自律法人向けFeeless Smart Contractプラットフォーム。[64]
2017 Active Sirin Labs SRN
2017 Active Electroneum ETN Richard Ells CryptoNight[65] PoW
2017 Active TRON TRX Justin Sun SHA-256
2017 Active ZenCash ZEN Robert Viglione & Rolf Versluis Equihash C++[66] PoW プライバシーを重視し、データの公開・公開にはZK-Snarks技術を用いた匿名シールド取引を実現
2018 Active Cardano ADA Charles Hoskinson & Jeremy Wood Haskell[67]
2018 Inactive KodakCoin Kodak and WENN Digital Ethash[68] KodakCoinは、写真のライセンス料の支払いに使用される「写真家中心」のブロックチェーン暗号通貨
2018 Active Petro Venezuela Government onixCoin[69] C++[70] 一国の政府機関が発行した初めての暗号通貨
2018 Active ICON[71] ICX ICON Project Python
2018 Active KIZUNA COIN KIZ Directed acyclic graph (DAG) ブロックチェーンの代わりにDAGによる承認方式を採用。日本国内では初、世界では7番目のDAG通貨。
2018 Active FToken FT PoS 当初はERC20であったが、2019年6月に独自チェーン(Fractal)に移行した。
2018 Active FCoinJP Token FJ PoS 当初はERC20であったが、2019年11月に独自チェーン(Fractal)に移行した。
2021 Active Symbol XYM Jugar

gimre

Bloodie Rookie

SHA-3 C++ PoS+ NEMの大型アップデート版ブロックチェーン

関連項目編集

注記編集

  1. ^ 「ナカモトサトシ」という名前が実名であるか仮名であるのか、一人であるのか一グループなのか知られていない。

参考文献編集

  1. ^ a b Cryptocurrency Market Capitalizations”. CoinMarketCap (2018年1月29日). 2018年2月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月22日閲覧。
  2. ^ Cryptocurrencies: A Brief Thematic Review. Economics of Networks Journal. Social Science Research Network (SSRN). Date accessed August 28, 2017.
  3. ^ “Building Bitcoin use in South Florida and beyond”. (2013年12月24日). http://www.miamiherald.com/2013/12/23/3835016/building-bitcoin-use-in-south.html#storylink=cpy 2014年1月24日閲覧。 
  4. ^ “Bitcoin price could reach $98,500, say Wall Street analysts”. (2013年12月3日). http://www.coindesk.com/bitcoin-price-reach-98500-say-wall-street-analysts/ 2014年1月24日閲覧。 
  5. ^ Taylor, Michael Bedford (2013) (PDF). Bitcoin and the age of bespoke silicon. IEEE Press. ISBN 978-1-4799-1400-5. http://cseweb.ucsd.edu/users/mbtaylor/papers/bitcoin_taylor_cases_2013.pdf 2014年1月14日閲覧。. 
  6. ^ “Wary of Bitcoin? A guide to some other crypto currencies”. Condé Nast UK. (2013年5月7日). https://www.wired.co.uk/news/archive/2013-05/7/alternative-cryptocurrencies-guide/viewall 
  7. ^ Bitcoin on GitHub”. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  8. ^ “What is Bitcoin?”. Association for Computing Machinery. pp. 40–44. doi:10.1145/2510124. ISSN 1528-4972 
  9. ^ Litecoin on GitHub”. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  10. ^ vinced/namecoin: Vince's tree – see namecoin/namecoin for main integration tree”. GitHub. 2017年7月24日閲覧。
  11. ^ “Namecoin – a distributed name system based on Bitcoin”. (2011年3月19日). https://prezi.com/snbcoa3ajwck/namecoin/ 
  12. ^ Namecoin on GitHub”. 2018年2月4日閲覧。
  13. ^ Bytecoin Core Developer's GitHub page”. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  14. ^ “Third largest crypto currency peercoin moves into spotlight with Vault of Satoshi deal”. (2013年11月7日). http://www.coindesk.com/peercoin-vault-of-satoshi-deal/ 2014年1月14日閲覧。 
  15. ^ Peercoin on GitHub”. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  16. ^ A History of Dogecoin. Dogecoin Analysis Report. Social Science Research Network (SSRN). Accessed December 28, 2017.
  17. ^ Intro – Dogecoin # Technical specifications”. 2013年12月14日閲覧。
  18. ^ Dog E Coin on GitHub”. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  19. ^ Emercoin on GitHub”. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  20. ^ What Feathercoin offers with links and explanations | Feathercoin Forum” (2018年1月13日). 2018年1月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年1月13日閲覧。
  21. ^ FeatherCoin on GitHub”. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  22. ^ GRIDCOIN – GRC (The environmentally conscious coin)” (2013年10月6日). 2014年11月14日閲覧。
  23. ^ Putting the Blockchain to Work For Science!”. 2016年4月9日閲覧。
  24. ^ New Coin Launch Announcement - GRC - GridCoin - GRIDCOIN GRC - Cryptocurrencytalk.com”. 2017年7月24日閲覧。
  25. ^ GridCoin on GitHub”. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  26. ^ Gridcoin: Crypto-Currency using Berkeley Open Infrastructure Network Computing Grid as a Proof Of Work”. 2016年4月11日閲覧。
  27. ^ GridCoin: Using the Blockchain for Good”. 2016年4月9日閲覧。
  28. ^ “Mastercoin: A Second-Generation Protocol on the Bitcoin Blockchain”. Bitcoin Magazine. (2013年11月4日). http://bitcoinmagazine.com/7961/mastercoin-a-second-generation-protocol-on-the-bitcoin-blockchain/ 2014年1月9日閲覧。 
  29. ^ Mastercoin Spec”. 2014年4月2日閲覧。
  30. ^ OmniLayer on GitHub”. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  31. ^ “Litecoin spikes to $200m market capitalization in five hours”. (2013年11月20日). http://www.coindesk.com/litecoin-spikes-200m-market-capitalization/ 2014年1月14日閲覧。 
  32. ^ FAQ · primecoin/primecoin Wiki · GitHub”. 2014年1月20日閲覧。
  33. ^ Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 title は必須です。{{{title}}}”. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  34. ^ What Comes After Bitcoin?”. Pacific Standard (2013年7月2日). 2014年1月18日閲覧。
  35. ^ “Ripple's Big Move: Mining Crypto currency with a Purpose”. Hearst Seattle Media, LLC, a division of The Hearst Corporation. (2013年12月4日). http://www.seattlepi.com/technology/heavy/article/Ripple-s-Big-Move-Mining-Cryptocurrency-with-a-5079697.php 
  36. ^ “10 things you need to know about Ripple”. (2013年5月17日). http://www.coindesk.com/10-things-you-need-to-know-about-ripple/ 2014年1月15日閲覧。 
  37. ^ “Big-name investors back effort to build a better Bitcoin”. (2013年4月11日). http://www.technologyreview.com/news/513606/big-name-investors-back-effort-to-build-a-better-bitcoin/ 2014年1月14日閲覧。 
  38. ^ How it works – Ripple Wiki”. 2014年1月20日閲覧。
  39. ^ NXT Whitepaper”. 2015年2月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年12月21日閲覧。
  40. ^ “Auroracoin already third-biggest cryptocoin–and it's not even out yet”. (2014年3月5日). https://blogs.wsj.com/moneybeat/2014/03/05/auroracoin-already-second-biggest-virtual-currency-and-its-not-even-out-yet/ 
  41. ^ “What is Dash? An FAQ”. (2014年5月28日). http://www.tomsguide.com/us/darkcoin-faq,news-18828.html 
  42. ^ CryptoNight – Bitcoin Wiki” (2014年6月19日). 2017年7月24日閲覧。
  43. ^ Mystery Shrouds Tether”. 2017年12月27日閲覧。
  44. ^ "Tether White Paper"”. 2017年12月27日閲覧。
  45. ^ "What is Tether"”. 2017年12月27日閲覧。
  46. ^ Meredith, Greg. "A Brief History of Synereo". Synereo Blog. Retrieved October 13, 2016.
  47. ^ "Synereo and NFX Guild Launch Strategic Partnership to Build a Decentralized Internet". Bitcoin Magazine. Retrieved November 13, 2016.
  48. ^ Mercier Voyer, Stephanie. "Titcoin Is a Brand New Cryptocurrency for Porn Purchases". Vice Magazine. Retrieved June 18, 2014.
  49. ^ "Titcoin Receives Two Web & Tech XBIZ Nominations". Payout Magazine. Retrieved November 18, 2014.
  50. ^ Stellar.org White Papers”. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  51. ^ Lyra2RE – A new PoW algorithm for an ASIC-free future. (November 29, 2014). https://vertcoin.org/wp-content/uploads/2017/10/Vertcoin_Lyra2RE_Paper_11292014.pdf. 
  52. ^ Out in the Open: Teenage Hacker Transforms Web Into One Giant Bitcoin Network”. 2017年7月24日閲覧。
  53. ^ Ethash”. 2017年7月24日閲覧。
  54. ^ IOTA (MIOTA) price, charts, market cap, and other metrics”. 2017年7月24日閲覧。
  55. ^ IOTA Ledger on GitHub”. 2019年3月29日閲覧。
  56. ^ fflo/sixeleven: SixEleven tree – official website:”. GitHub. 2017年7月24日閲覧。
  57. ^ Decred on GitHub”. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  58. ^ Waves Platform on GitHub”. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  59. ^ Lisk on GitHub”. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  60. ^ https://komodoplatform.com/en/technology/whitepaper/2018-01-18-Komodo-White-Paper-Full.pdf
  61. ^ Bitcoin Cash Markets and Dillema”. 2017年9月14日閲覧。
  62. ^ jyap808 (Julian Y)”. 2017年6月17日閲覧。
  63. ^ Documentation: EOS.IO Documents” (2018年2月10日). Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  64. ^ Web Assembly on EOS - 50,000 Transfers Per Second — Steemit”. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  65. ^ Electroneum — The World’s First Common Cryptocurrency” (2017年9月22日). 2018年1月19日閲覧。
  66. ^ Zen Forked from zencashio/zen, TLS integration and more!C++”. GitHub (2018年2月15日). Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  67. ^ IOHK/Cardano on GitHub”. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  68. ^ Kodak CEO: Blockchain Significant, Though Not a Doubling in Stock Price”. Barrons (2018年1月9日). 2018年1月11日閲覧。
  69. ^ Onix's white paper”. www.onixcoin.com (2018年1月13日). 2018年1月13日閲覧。
  70. ^ OnixCoin on GitHub”. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  71. ^ ICON” (英語). 2018年2月20日閲覧。