メインメニューを開く

暗殺者は魚を嫌う』(あんさつしゃはさかなをきらう)は、高口里純による日本漫画作品。

暗殺者は魚を嫌う
ジャンル ハードボイルドボーイズラブ
漫画
作者 高口里純
出版社 オークラ出版
掲載誌 同人誌
レーベル オークラコミックス
発行日 2007年12月12日
発表期間 2000年3月19日 - 2001年8月12日
巻数 全1巻
話数 全5話
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画
ポータル 漫画

高口里純発行の同人誌「悪態」シリーズにて、2000年3月19日から2001年8月12日まで不定期掲載された。単行本はオークラ出版・オークラコミックスより全1巻刊行されている。

ロイヤルドッグ -忠実な犬-』のスピンオフ作品であり、『汚い奴』とのクロスオーバー作品である。時系列では『汚い奴』より未来の物語であり、『ロイヤルドッグ -忠実な犬-』より過去の物語となる。

ロイヤルドッグ -忠実な犬-』第7話のサブタイトルからタイトルが付けられている。

あらすじ編集

登場人物編集

宇部 八雲(うべ やくも)
(『ロイヤルドッグ -忠実な犬-』の主要人物)
18歳くらいの男。殺し屋。武器は銃。名前は城之内が付けた通り名であり、本名は「倉持忍」。二年前アメリカへの旅行中、消息不明になった高校生の現在の姿。三日三晩、水を使った拷問を受けた為、極端に水と魚を恐れる。
城之内の命令で実の母親を殺す。
城之内 美考(じょうのうち よしたか)
(『ロイヤルドッグ -忠実な犬-』の主要人物)
ヤクザ。一成会明野組、組長補佐。八雲を殺し屋として輸入した。
高須(たかす)
(『汚い奴』の主人公)
プロボクサー。現在はユスリ屋。森山への依頼写真と八雲の写真との共通点に気付き、城之内へユスリを開始した。城之内へのユスリのせいで八雲に殺されそうになったが、返って闘争心が湧き、次こそは城之内と八雲に仕返そうと決意する。
森山(もりやま)
(『汚い奴』の副主人公)
興信所の探偵。八雲の母親に息子の行方の調査を依頼された。高須と共に城之内へのユスリに荷担するが、想像以上に危険な行為だと気付き、外国へ逃げる。
岸 玄季(きし )
(『ロイヤルドッグ -忠実な犬-』の登場人物)
ヤクザ。辺山組組員。高須に八雲の写真を渡した。自分の父親がプロボクサーだった頃の高須の熱烈なファンだったために協力した。
城之内の内縁の妻
城之内の弱みにはならないと決めており、高須にゆすられた時、その場で娘を殺し心中しようとした。
渚(なぎさ)
城之内の娘。
八雲の母
森山に息子の捜索依頼をするが、その息子当人である八雲に殺された。

書誌情報編集

オークラ出版・オークラコミックス 全1巻

外部リンク編集