暗黒街の顔役 (1959年の映画)

暗黒街の顔役』(あんこくがいのかおやく)は岡本喜八監督、鶴田浩二主演の1959年製作の日本映画。同時上映は『こだまは呼んでいる』。

暗黒街の顔役
監督 岡本喜八
脚本 西亀元貞関沢新一
製作 田中友幸
出演者 鶴田浩二
宝田明
三船敏郎
白川由美
音楽 伊福部昭
撮影 中井朝一
編集 黒岩義民
配給 東宝
公開 日本の旗 1959年1月15日
上映時間 101分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 暗黒街 (1956年の映画)
次作 暗黒街の対決
テンプレートを表示

ストーリー編集

横光組の金融取り立て部長である大卒のインテリ小松竜太は弟・峰夫の歌手活動を止めさせるように社長と黒崎から強いられ説得を試みるが峰夫は反発する。実は峰夫は殺し屋・五郎の逃亡を助ける運転手として犯行当日の深夜に食堂の少女に顔を見られていた。モンタージュ写真は似ていないと言うもののいつ少女が思い出すか分からない不安が横光たちにはあってこのままでは少女の口封じをしなければならない。黒崎は臆病者の樫村が営む自動車修理工場で峰夫を痛めつけるが峰夫は絶対に屈服しない。板挟み状態の竜太は頼れる兄貴分の須藤に相談するが…

スタッフ編集

キャスト編集

外部リンク編集