メインメニューを開く

暴れ川(あばれがわ)は、洪水水害が多い河川のことである。

日本では、水源となる山地等からなどに注ぐまでの距離が短い川が多く、それによって流れが速い川が多い。そのような川でひとたび増水すると、その増水分を吸収・緩和できるバッファが少ないことから、堤防の越水・決壊等を招くことが往々にしてあり、そのため「暴れ川」と言われる川が多い。

治水編集

洪水が多い日本では、昔から川の流れや川の流量を調整する治水が多く行われた。その一つとして、利根川東遷事業が広く知られる。それまで、東京湾に注いでいた利根川の下流部(現・江戸川)の流れを千葉県銚子市太平洋に注ぐように変えた。

「暴れ川」とされる河川編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈・出典編集

  1. ^ a b c 世界の「ふしぎ雑学」研究会『図解 日本の「三大」なんでも事典』三笠書房〈王様文庫〉、2007年3月、121頁。ISBN 978-4837964179
  2. ^ a b c 朝日新聞社知恵蔵編集部『ことばの知恵蔵 とっさの日本語便利帳』朝日新聞社、2003年12月30日、258頁。ISBN 4-02-222052-Xただし、同書では「三河川」と題されている。

関連項目編集