暴行切り裂きジャック

暴行切り裂きジャック』(ぼうこうきりさきジャック)は、1976年に公開された日活ロマンポルノ作品。監督は長谷部安春。 本作は2016年5月19日から2016年6月22日にかけて韓国で行われていた映画祭「ロポクラシック・フィルム・フェスティバル」にて他の日活ロマンポルノ作品とともに上映された[1]

暴行切り裂きジャック
監督 長谷部安春
脚本 桂千穂
音楽 月見里太一
撮影 森勝
編集 西村豊治
製作会社 日活
配給 日活
公開 日本の旗 1976年7月7日
上映時間 71分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

あらすじ編集

ある雨の夜、ユリとケンは車に一人の女を乗せるも、その不気味な言動に腹を立て、車から突き落として殺した。二人は女の遺体を隠した後、恐怖から逃れるようにセックスをする。 その後も二人はセックスをするも物足りなさを感じ、あの夜の恐怖がスパイスとなっていたことに気づく。それから二人は殺人を重ねるが、ケンはユリの高圧的な態度に嫌気がさしており、やがてひとりで殺人を重ねるようになる。それに気づいたユリはケンとよりを戻そうとする。 ある夜、ケンは看護婦の宿舎で殺戮を繰り広げていたところ、こっそり尾行していたユリが現れ、抱き着こうとする。だが、ケンはユリをナイフで刺す。

キャスト編集

関連項目編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 日活ロマンポルノ映画祭が韓国で開催中、新作プロジェクトにも熱視線”. 映画ナタリー. Natasha (2016年6月10日). 2021年6月12日閲覧。

外部リンク編集