暴 鳶(ぼう えん、生没年不詳)は、中国戦国時代に仕えた将軍。

経歴編集

紀元前301年・韓・の4カ国が連衡して、に攻め込み垂沙(現在の河南省南陽市唐河県)の戦いが勃発した。この時、楚の指揮官を務めたのは唐眜だった。

斉は匡章、魏は公孫喜、秦は庶長のを派遣し、韓は暴鳶を将として派遣した。秦軍を除く三国連衡軍は半年の対陣ののち楚軍を撃破し、唐眜を討ち取り楚兵数千の首を取り、連衡軍は勝ちに乗じて楚の垂丘(現在の河南省焦作市沁陽市の北)、宛(現在の河南省南陽市宛城区)および葉(現在の河南省平頂山市葉県)を攻め、楚は宛と葉の北にある土地は、韓と魏の両国により奪われた[1][2]

紀元前275年、秦の魏冄が魏に侵攻した。暴鳶は韓軍を率いて魏の救援に向かったが秦軍に敗れ、韓は4万の兵の首を取られた。暴鳶は敗走し魏の国都大梁へと逃れた[3][4]

脚注編集

  1. ^ 史記』巻五 秦本紀:斉使章子,魏使公孫喜,韓使暴鳶共攻楚方城,取唐眜。
  2. ^ 資治通鑑』周紀三 赧王十四年:秦庶長奐会韓・魏・斉兵伐楚,敗其師於重丘,殺其将唐眜;遂取重丘。
  3. ^ 『史記』巻五 秦本紀:三十二年,相穣侯攻魏,至大梁,破暴鳶,斬首四万,鳶走,魏入三県請和。
  4. ^ 『史記』巻四十五 韓世家:二十一年,使暴鳶救魏,為秦所敗,鳶走開封。

参考文献編集