メインメニューを開く

曳田 康貞(ひけた やすさだ)は、鎌倉時代武士。通称は曳田大夫。

 
曳田康貞
時代 鎌倉時代
生誕 不明
死没 不明
別名 通称:曳田大夫
幕府 鎌倉幕府
氏族 尾張氏佐治氏
父母 父:佐治道貞
兄弟 康貞佐治重貞
重久
テンプレートを表示

略歴編集

平安時代末期に因幡国豪族佐治道貞の子として誕生。

理由は不明だが父の知行する佐治郷[1]郷司職を継がず、八上郡曳田郷[2]に所領を持ち、在地名の「曳田」を姓に名乗った。佐治郷を継承した弟・佐治重貞は当時幼少であったため、康貞が長らく佐治郷司職の代行をしていたが、弟の成人後も所職を返還せず、実子・重久に譲渡してしまったために鎌倉幕府に訴えられた。建暦3年(1213年)11月、争っていた重貞が和田合戦で功を為したのが後押しとなり、訴訟に敗れ所職を返還した。この後、史料上からは康貞を含む曳田一族の名を確認することはできないため、訴訟に敗れた後、衰退した可能性がある。

脚注編集

  1. ^ 現在の鳥取県鳥取市佐治町佐治川流域
  2. ^ 1911年以降八頭郡八上村、1955年以降河原町、2004年以降鳥取市河原町曳田