メインメニューを開く

曹伯陽(そうはくよう、? - 紀元前487年)は、春秋時代の最後の君主(在位前502年 - 前487年)。姓は姫、名は陽。靖公の子として生まれた。靖公の後をうけて曹国の君主となった。弋猟を好み、公孫彊を信任して司城に任じた。紀元前488年、公孫彊の進言に従い、にそむき、に侵攻した。宋の反攻をまねき、包囲を受けた。翌年、宋によって曹国は滅ぼされ、曹伯陽と公孫彊は連行されて殺害された。

参考文献編集