メインメニューを開く

曹渓寺(そうけいじ)は、東京都港区南麻布2丁目にある臨済宗妙心寺派寺院山号は日東山。

曹渓寺
所在地 東京都港区南麻布2丁目9-22
位置 北緯35度38分53.06秒
東経139度44分2.36秒
山号 日東山
宗旨 臨済宗
宗派 妙心寺派
創建年 元和9年(1623年)
開基 絶江紹堤
正式名 日東山曹渓寺
法人番号 6010405001421
テンプレートを表示

歴史編集

元和9年(1623年)に創建され、承応2年(1654年)に赤坂から現在地・麻布に移転した。寺のある絶江坂の地名は、麻布移転時の曹渓寺住職で名僧といわれた絶江紹堤に因む。


赤穂事件に関わった赤穂浪士の一人である寺坂信行が、討ち入りから20年後の享保年間(1723年頃)に本寺の寺男を務めた。同年中に当寺を介して、当寺を墓所とする旗本山内氏山内豊清)に縁を得て仕官し、士籍を得た[1]。寺坂の墓も当寺にある[2]

墓所編集

アクセス編集

脚註編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『土佐史壇』青木義正著、第2号(大正7年)
  2. ^ 戒名は節岩了貞信士。赤穂浪士所縁の泉岳寺の義士墓所の供養墓の戒名とは違っている。享年83。

関連項目編集