曹 議金(そう ぎきん、? - 935年)は、五代十国時代の曹氏による帰義軍節度使の初代である。最初は、曹仁貴と名のっていた。

曹議金は、もともとは、沙州長史であり、後唐に使いを送り朝貢している。霊武節度使韓洙の推薦を受けて、後唐の荘宗李存勗から沙州刺史を授けられ、帰義軍節度使に充てられ、瓜州・沙州等の州の処置使となった[1]

曹議金は使者を甘州に送り、ウイグル可汗の娘を娶りたい旨を伝え、さらに自分の娘を可汗に娶せたいと伝えさせた。

貞明4年(918年)、曹議金は使者を後梁に送り、封贈を受けている。

長興2年(931年)、曹議金は「令公」・「拓西大王」と称した。

清泰2年(935年)2月、曹議金は病死し、その長男の曹元徳は位を継いだ。

編集

脚注編集

  1. ^ 冊府元亀

参考文献編集

  • 栄新江『甘州回鶻与曹氏帰義軍』、『曹議金征甘州回鶻史事表徴』