曹 霖(そう りん、? - 嘉平2年12月15日251年1月24日))は、中国三国時代の皇族。祖父は曹操。父は曹丕(文帝)。生母は仇昭儀。異母兄は曹叡(明帝)。子は曹啓(嫡子)・曹髦(高貴郷侯)。

父から河東王に封ぜられ、のち館陶王に改封された。性格は粗暴で荒々しく、後宮の侍女や婢女に暴力を振るい、何度か殺害してしまうこともあったという。後、異母兄の明帝によって東海王に改封された。

嘉平2年に死去し、東海定王とされた。嫡子の曹啓が後継した。