メインメニューを開く

泉質編集

温泉地編集

太平洋に注ぐ曽呂川の上流に、1軒宿である旅館「曽呂温泉」が存在する。他に温泉を利用した施設はなく、日帰り入浴も同旅館の日帰り受付を利用することになる。

歴史編集

千葉県内の温泉の中でも、歴史は古い部類に属する。開湯は約70年前であり、田んぼの真ん中から源泉が湧出していたという。地名の由来は、かつてこの一帯に「僧侶」がいたものの、僧侶らが去ったために漢字からニンベンを取った「曽呂」になったという。

アクセス編集

鴨川日東バス