曽山 一寿(そやま かずとし、1978年9月24日[1] - )は、日本漫画家東京都出身[1]本郷中学校・高等学校デザイン科卒。

曽山一寿
生誕 (1978-09-24) 1978年9月24日(41歳)
日本の旗 日本 東京都
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
活動期間 2000年 -
ジャンル ギャグ漫画
児童漫画
代表作探偵少年カゲマン
絶体絶命でんぢゃらすじーさん
わざぼー』など
受賞 第47回小学館新人コミック大賞児童部門 佳作
第50回(平成16年度)小学館漫画賞(児童部門)
テンプレートを表示

経歴編集

小学1年生の頃に沢田ユキオ某雑誌スーパーマリオの漫画を描いていたことに衝撃を受け、漫画家を志す[2]。それまではこの世のすべての漫画を藤子不二雄が描いていると思っていたが、以降様々な人気漫画に触れていくようになる[2]。高校3年時、『おやさい戦士ともゆき』で第40回小学館新人コミック大賞児童部門の最終選考まで残る。その頃からコロコロで持ち込みを続けたが担当から「もう来なくていい」と言われ、その後一時期ライバル誌のコミックボンボンに移り2年間の間に連載陣のアシスタントや打ち合わせなどを経験したり[2]、18〜19歳の頃に2年間劇団に所属し全国を周る役者として活動するなど試行錯誤が続いた[2]

2000年、『ぼくのおじいちゃん』で第47回小学館新人コミック大賞児童部門佳作を受賞。

2001年月刊コロコロコミックに読み切りとして『絶体絶命でんぢゃらすじーさん』が掲載される。その後別冊コロコロコミックで『探偵少年カゲマン』(原作:山根あおおに)で初の連載を経験。月刊コロコロコミック2001年10月号から『絶体絶命でんぢゃらすじーさん』の連載を開始した。

2004年、『絶体絶命でんぢゃらすじーさん』で第50回(平成16年度)小学館漫画賞児童部門を受賞。同作品は長期連載となり、以降月刊コロコロコミックの看板的存在として根強い人気を誇るようになる。

人物編集

  • 好きな音楽はアニソン。好きなアニメは『爆走兄弟レッツ&ゴー!!』で(『でんじー』を除いて)世界で一番好きなアニメであると公言しており、そのテーマソング『ウイニング・ラン! ~風になりたい~』を自身の結婚式で流し、涙するほどの爽快感を味わった(そんな夫に対して、隣にいた妻はその異様な空気感に絶句していた様子)[3]
  • 漫画家仲間では特に松本しげのぶとの交友が深い(曽山の漫画にて連続したコマの背景の中で「松本しげのぶ大先生を花火に誘ったら断られた」と語られたり[4]、共同で描いた漫画の中でお互い自虐ネタを交えて殴り合ったことも[5])。
  • 小学生の頃、流行っていたウルトラコインをある日奮発して5枚買ったところその中に1枚、滅多に出ないと言われるウルトラの母が出た。大喜びで帰宅したもののウルトラの母だけ帰り道で紛失した[6]
  • 「紙を破いた時に変な顔をする[7]」「家で立ち読みする[8]」「鼻毛を切った後に鼻をかみ、かんだ後のティッシュを見て快感を覚える[9]」など、変な癖を持つ。
  • 曽山曰く「昔から漫画の才能があった」と自負していたが、小学生の頃に制作した漫画を読み返してみると全てパクリだった[10]
  • 非常に飽きっぽい性格で、靴下を片方でやめてしまうほどである[11]。また曽山曰く「基本的にはいつもヘラヘラナヨナヨしてる情けない男」と自称しているがどうしても仕事をする気分になれない日は、男らしくサボる[12]
  • 漫画の作業中に眠気や辛さを覚えた時はなるべく「楽しい事」を考えるようにしている。しかし、曽山の考える「楽しい事」は8割以上が意味不明である[13]
  • 小学1年生の頃から漫画家になる事を夢見ていたが、幼稚園の頃の夢はラーメン屋の屋台になる事だった[14]
  • 上記からもわかる通りかなりの天然ボケな性格で、他にも「気がついたらそこに落ちていた輪ゴムで30分も遊んでいた[15]」「漫画家仲間数人と心霊スポットに行った際、『おやつはいくらまでですか?』とよくわからない質問をした[16]」「耳掃除が大好きで毎日しているにも関わらずある日右耳が聞こえなくなり、耳鼻科を受診したら『耳くそのたまりすぎ』と診断された[17]」「電話で歯医者の予約を取っていて名前を尋ねられ、苗字を伝えたら『曽山様ですか?』と聞かれ『はい、曽山様です!』と返した[18]」「漫画の作業に集中するあまり、鼻水が垂れて原稿を濡らしても2分ぐらいは気付かない[19]」等のエピソードがある。
  • じーさんのお悩み解決コーナーにて「肩と腰がだるい」と相談するも、「てめぇの悩みなんか知るかっ!!」と一蹴された[20]
  • 自画像でもある「ソヤマ氏」もメガネであるが、デビュー初期の頃はテレビ出演やサイン会の場合にコンタクトを着用していた[21]。また妻もメガネを着用している[22][23]
  • メカ等の近未来系の作画が苦手で『ZOIDS』の作品を依頼されたときは描き方がよくわからず、ゾイドが人間のような足を生やしたり排泄行為をしたりと『ZOIDS』の世界観とはかけ離れたギャグ作品になってしまう。作者自身はメカの実力について「全ての漫画家の中で下から4番目ぐらい」「編集部から山のような量の資料用のゾイドが送られてきたうえ、コロコロの新年会のくじ引きでゾイドが当たった時は呪いかと思った」と語っている[24]
  • 読者から送られるファンレターの宛名は「曽山」「ソヤマ」「そやま」など、ほとんど呼び捨てにされている[25]
  • でんじーのアニメの吹き替え現場を訪れた際に「なんでもいいから面白いことを言ってください」と指示され(台本一切なし)、考えた末に「もみもみ拳法食らえーっ!!」と叫んで声優たちに唖然とされた(実際に曽山本人がアニメに登場し、「食らえ!もみもみ拳法!!」と言っている回が存在する)[26]
  • 2003年末の『おはスタ』で放送された、自身がストーリー制作・演出等を手掛けたじーさんの10分長編アニメを観て笑わずに泣いてしまった[27]
  • 心から尊敬する3大漫画家は島本和彦、沢田ユキオ、藤子・F・不二雄[28]1991年に沢田ユキオのサイン会へ足を運んだことがある[29]
  • ライバルと思っている漫画家は松本しげのぶ、村瀬範行永井ゆうじ、高校の同級生でもある杉谷和彦[2]
  • 高校1年生の時、校外学習の帰りのバスの中で窓際の席から静かに遠くを眺めて「ここから見えるすべての人をオレの漫画で笑わせてみせる…」と呟いたことを、Twitter上で杉谷に暴露された[30]。ちなみにその時、曽山の隣の席に座っていた杉谷はこの呟きに少しだけ恐怖し、思いっきり聞こえないふりをしながら無視していた[31]
  • 『絶体絶命でんぢゃらすじーさん』の話の1つ、『ふくびきでドキドキじゃっ!』の原稿を描いている最中にドイツのテレビクルーが取材に訪れた[32]
  • 現在の自宅はガレージ付きの一戸建てだが、本人は運転免許を所持していない[33]。以前の自宅は小学校に程近い所に位置し、「小学校の近くに住んでいるので最近の小学生は何が流行っているか分かる」と語っている[34]
  • 初めてサイン会をした時1人の子供から、ベイブレードのパーツの一部であるビットチップにじーさんを描いてほしいと頼まれた。しかしサインは拒否された[21]
  • イナズマイレブン』が好みであり、『でんぢゃらすじーさん』では作中で何度かネタとして登場させている[35](孫曰く「このマンガの作者仕事せずにイナズマイレブンばっかりやってるらしいよ[36]」)。
  • 忍者についての漫画を描くために滋賀県甲賀市に位置する甲賀の里忍術村まで赴いて忍術を体験し、免許皆伝の巻物も貰ってきた。また忍者にも関わらず何故か忍者服が赤かった[37]。「池に落下した」「局部の痛みを堪えながら綱渡りをした」「高所から飛び降りて軽く身体を痛めた」「外国人に大笑いされた」等を経験した曽山曰く「マンガ家の仕事じゃねぇーっっ!!![38]。その他にも刺身ラーメンサザエのつぼ焼き等を食べたらしく、体重が2キロ増えた(じーさん曰く「それ『グルメ旅行』じゃないかーっっ!!」)[38]
  • クリスマスに駅前のベンチで、顔を覆ってひどく塞ぎ込んでいる様子のサンタを見たことがある[39]
  • 『絶体絶命でんぢゃらすじーさん』の話の1つ、『ハワイでバカンスじゃっ!』の原稿を描いている時はハワイに行ったことがなかったが、原稿が完成した2か月後実際にハワイを訪れた[40]
  • ポケモンカードのルールを子供に教える仕事をしていた経験がある[41]
  • コロコロコミック系のみならず、4大週刊少年漫画雑誌(『ジャンプ』・『マガジン』・『サンデー』・『チャンピオン』)も購読しており、大人気と言われている作品は必ず読むタイプ[2]
  • 小学3年生からコロコロコミックを読み始め現在に至るまで読み続けており、読み逃したことは1回だけである[2]
  • 自分の部屋で嘔吐してしまったことがある[42]
  • うんこネタに拘りがあり、子供の頃から「うんこを出せばいいと思っている漫画」と「うんこの使いどころを見極めている漫画」を区別していた。そのため安っぽいうんこではなく「面白いうんこ」を描こうと心掛けている[2]
  • 吹き出しの台詞はおろか効果音まで「うんこ」の漫画を描いた理由が28歳の時に大便を失禁した記念だった。この衝撃の事実を受けて孫は「そんなヤツに描かれてるオレたちってー!!」と失望した[43]
  • 小学生の頃、一度だけ野糞をしたことがある[44]
  • 『絶体絶命でんぢゃらすじーさん』の話の1つ、『ワシの頭が止まらんのじゃっ!』の原稿が完成した翌日(2009年2月8日[45])に結婚式をした[46]
  • 1児の父[47] であり、その子供はでんじー邪大長編『はなの下のミゾはハナミゾって名前でどうスか?』の原稿が完成した翌日に生まれた[48]
  • なぜかベイブレードの新デザインコンテストのハガキがじーさんのお悩み解決のコーナーに送られてきたので、ハガキを送ってきた読者の欲しい欲しくないに関わらず自分のサインを送り返した[49]
  • 「サインくれ」と238回も書かれたハガキを送った読者1人に238枚ものサインを送った(孫曰く「ほとんどいやがらせだ」)[50]。その扉絵漫画の載った話が掲載されてから2週間後、大量に届いたファンレターがサインの催促ばかりだった[51]
  • 第1回校長人気投票にて、投票のハガキを送った読者に抽選で1000名に1枚ずつサインを送った[52]。ちなみに、1000枚ものサインを書いている最中に頭がボーっとして眠りこけてしまい、気が付いたらサイン色紙にコロッケ切札勝舞を描いていた[53]
  • 「じーさんおもしろ顔コンテスト」にて1位になった読者にどんな願いでも1つだけ作者に叶えてもらえる権利を贈与した[54]。なお、1位になった読者の叶えてもらいたい願いが「私だけのトロフィーをください」だった為、自腹でプロの業者に高さ111㎝のスペシャルトロフィーを作ってもらい読者に送った(じーさんと孫曰く「いらねぇーっっっ!!!」、曽山曰く「オレもいらねぇーっっっ!!!」)[55]
  • マラソン大会の漫画で1着と2着のキャラを当てた読者6名に、でんぢゃらすじーさんと1000人のお友だち邪自腹でプレゼントした[56]
  • ネクタイを結ぶのが苦手で、40歳になった時点でも未だにうまく結べていない[57]
  • コロコロアニキ』にてサラリーマンになったじーさんの活躍を描いた『でんぢゃらすリーマン』を連載中だが、曽山曰く「社会不適合者」と自虐するほどサラリーマンの経験は全く無く、持っていたサラリーマンのイメージが「会社で何か書いたり、書類を持ってウロウロしたり、困ったら美味いものを食べて解決」と、クッキングパパ程度の知識だった[58]
  • 好きな映画はドラえもん のび太の日本誕生逆境ナイン少林サッカークレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん[59]

作品編集

  • 店(未発表作品)
  • おやさい戦士ともゆき(雑誌未掲載作品)
    • 『曽山一寿短編集 そやまつり』に収録。
  • カービィと仲間たちの4コマシアター(雑誌未掲載作品)
    • 『もっともっと星のカービィ』(2000年8月発売、ISBN 978-4887490598)に収録。ただし作者名が「曽山一」と表記されている。
  • ガンガン面太君!!(別冊コロコロコミック、2000年12月号、読切)
  • 探偵少年カゲマン(別冊コロコロコミック、2001年6月号 - 2002年4月号、最初の連載作品)
  • 絶体絶命でんぢゃらすじーさん月刊コロコロコミック・別冊コロコロコミック・小学四年生ほか、2001年10月号 - 2010年3月号)
    • でんぢゃらすじーさん邪(月刊コロコロコミック・別冊コロコロコミック、2010年4月号 - 2017年3月号)
    • なんと!でんぢゃらすじーさん(月刊コロコロコミック・別冊コロコロコミック、2017年4月号 - 連載中)
  • 機獣ぎゃぐわーるど ぞいどっ!!(月刊コロコロコミック2001年8月号掲載〈読み切り〉、増刊てれコロコミック、2002年、全3話)
    • 『曽山一寿短編集 そやまつり』に1話のみ収録[60]
  • わざぼーコロコロイチバン!、2005年1号 - 2011年5月号)
    • わざぼー最終章わざぐぅ!(コロコロイチバン!、2011年6月号 - 2015年3月号)
  • ばか。(ビッグコミックスピリッツ、2005年、読切)
  • ヒ・キ・ガ・ネ(コロコロG、2010年、読切)
  • くちぶる(ジャンプスクエア、2010年7月号、読切)
  • 世界一つまらないマンガ(同上)
  • Kちゃんは38さい(月刊IKKI、2014年2月号)
  • でんぢゃらすリーマン[61]コロコロアニキ第1号 - 連載中)
  • みかくにん ゆーほーくん(コロコロイチバン!、2015年4月号 - 2020年3月号)
  • 神たま(コロコロイチバン!、2020年4月号 - 連載中)

園山和斗名義編集

  • 野球戦士陸丸(別冊コロコロコミック、2004年6月号、読切。『曽山一寿短編集 そやまつり』収録)
  • 決勝で待ってるぜ!(月刊コロコロコミック、2007年、読切。『絶体絶命でんぢゃらすじーさん』14巻収録)

その他の活動編集

  • 「園山和斗」名義で漫画を掲載したことがある(この時の作品は短編集「そやまつり」、「絶体絶命でんぢゃらすじーさん」単行本14巻に掲載)。また、最初に考えた名義は「曽山田一寿男」だったが担当にはボツにされた[24]
  • 超こち亀』に描き下ろしイラストを寄稿。『絶体絶命でんぢゃらすじーさん』の「運動ならなんでもおまかせ隊」のメンバー、マッスル竹田とステップ長谷川が2年に1回しか登場しないのは「日暮パクリ」と断言するネタだった。
  • デュエル・マスターズ外伝』(松本しげのぶ作)1巻のページの埋め合わせで漫画『ボクと黒城さん』を掲載。内容は曽山と黒城凶死郎がドライブに出かけるという、曽山が実際に見た夢をモチーフにしている。
  • かってに改蔵』(久米田康治作)22巻の読者ページにイラストが載せられている。
  • アニメ『さよなら絶望先生』6話のエンドカードにイラストが載せられている。
  • 2005年5月には自身初の青年誌(ビッグコミックスピリッツ25号)にて読切作品「ばか。」を掲載。
  • 2009年10月には『週刊少年ジャンプ』にて当時連載されていた『いぬまるだしっ』(大石浩二作)3巻にまるだし対談が掲載されている。
  • 『小学館こども大百科キッズペディア』における「まんが」の項目を執筆。「でんぢゃらすじーさんのまんが教室」と題し、実際に漫画の形式で「まんが」を解説している[62]
  • テレビ東京系『おはスタ』1部『おはスタ645GO!GO!!!』(2014年4月7日 - 2015年4月3日)の、イラスト姿で登場するMCのコンビ芸人4組(ピースハリセンボンNON STYLEチーモンチョーチュウ)のキャラクターデザインを手掛けている。
  • 2020年4月28日、曽山本人によるTwitterアカウントが設立[63]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 『絶体絶命でんぢゃらすじーさん』第1巻 作者プロフィールより
  2. ^ a b c d e f g h コロコロコミックを愛し、コロコロコミックに愛された男 曽山一寿インタビュー
  3. ^ 『絶体絶命でんぢゃらすじーさん』17巻70ページ『そやまんが』「爆走兄弟の巻」より
  4. ^ 『絶体絶命でんぢゃらすじーさん』6巻161ページより
  5. ^ 『でんぢゃらすじーさん邪』17巻174ページより
  6. ^ 『絶体絶命でんぢゃらすじーさん』1巻140ページ『そやまんが』「まぼろしのウルトラコインの巻」より
  7. ^ 『絶体絶命でんぢゃらすじーさん』1巻89ページ『そやまんが』「オレの変なクセの巻」より
  8. ^ 『絶体絶命でんぢゃらすじーさん』8巻108ページ『そやまんが』「オレの変なクセの巻」より
  9. ^ 『絶体絶命でんぢゃらすじーさん』17巻53ページ『そやまんが』「ボクの気持ち悪い所の巻」より
  10. ^ 『絶体絶命でんぢゃらすじーさん』1巻22ページ『そやまんが』「オレが曽山だ!の巻」より
  11. ^ 『絶体絶命でんぢゃらすじーさん』8巻26ページ『そやまんが』「あきっぽい作者の巻」より
  12. ^ 『絶体絶命でんぢゃらすじーさん』4巻47ページ『そやまんが』「男らしいぜ曽山!!の巻」より
  13. ^ 『絶体絶命でんぢゃらすじーさん』1巻39ページ『そやまんが』「楽しい事の巻」より
  14. ^ 『絶体絶命でんぢゃらすじーさん』3巻41ページ『そやまんが』「昔の夢の巻」より
  15. ^ 『絶体絶命でんぢゃらすじーさん』3巻148ページ『そやまんが』「なにして遊ぶ?の巻」より
  16. ^ ピョコタンのマンガレポートより
  17. ^ 『絶体絶命でんぢゃらすじーさん』6巻82ページ『そやまんが』「大好き耳そうじの巻」より
  18. ^ 『絶体絶命でんぢゃらすじーさん』7巻43ページ『そやまんが』「オレはそやま様の巻」より
  19. ^ 『でんぢゃらすじーさん邪』13巻27ページ『そやまんが』「マンガに集中の巻」より
  20. ^ 『絶体絶命でんぢゃらすじーさん』1巻カバーを外した裏表紙より
  21. ^ a b 『絶体絶命でんぢゃらすじーさん』1巻64ページ『そやまんが』「行こうぜサイン会の巻」より
  22. ^ https://twitter.com/soyamanga/status/1270565853944090624” (日本語). Twitter. 2020年6月15日閲覧。
  23. ^ https://twitter.com/soyamanga/status/1271651507574919168” (日本語). Twitter. 2020年6月15日閲覧。
  24. ^ a b 短編集「そやまつり」より
  25. ^ 『絶体絶命でんぢゃらすじーさん』16巻38ページ『そやまんが』「ファンレター大好き!の巻」より
  26. ^ 『絶体絶命でんぢゃらすじーさん』7巻103ページ『そやまんが』「アフレコに挑戦の巻」より
  27. ^ 『絶体絶命でんぢゃらすじーさん』4巻118ページ『そやまんが』「じーさんの10分アニメの巻」より
  28. ^ 『絶体絶命でんぢゃらすじーさん』第13巻 表紙袖の作者の一言より
  29. ^ 「スーパーマリオくん」特集、沢田ユキオインタビュー
  30. ^ https://twitter.com/yotuginoko/status/1265867334469615616” (日本語). Twitter. 2020年6月3日閲覧。
  31. ^ https://twitter.com/yotuginoko/status/1265874259538108416” (日本語). Twitter. 2020年6月3日閲覧。
  32. ^ 『絶体絶命でんぢゃらすじーさん』3巻188ページ『この本の中で作者が好きな話ベスト3!』より
  33. ^ 『でんぢゃらすじーさん邪』2巻125ページ『そやまんが』「やったぜひっこし!の巻」より
  34. ^ 『絶体絶命でんぢゃらすじーさん』14巻108ページ『そやまんが』「おひっこしの巻」より
  35. ^ 例として、『でんぢゃらすじーさん邪』4巻106ページと9巻78ページなど
  36. ^ 『絶体絶命でんぢゃらすじーさん』18巻150ページより
  37. ^ 『絶体絶命でんぢゃらすじーさん』16巻178ページより
  38. ^ a b 『絶体絶命でんぢゃらすじーさん』16巻「じゃじゃんと忍者じゃっ!」より
  39. ^ 『絶体絶命でんぢゃらすじーさん』16巻カバーを外した表紙より
  40. ^ 『絶体絶命でんぢゃらすじーさん』18巻189ページより
  41. ^ 『絶体絶命でんぢゃらすじーさん』19巻5ページより
  42. ^ 『絶体絶命でんぢゃらすじーさん』2巻175ページより
  43. ^ 『絶体絶命でんぢゃらすじーさん』13巻『うんこじゃっ!』より
  44. ^ 『絶体絶命でんぢゃらすじーさん』16巻68ページより
  45. ^ スーパーマリオくん』月刊コロコロコミック2009年3月号掲載分の作中より
  46. ^ 『絶体絶命でんぢゃらすじーさん』19巻54ページより
  47. ^ 『でんぢゃらすじーさん邪』第9巻 カバー扉の作者コメントより
  48. ^ 『でんぢゃらすじーさん邪』12巻91ページ『この本の中で作者が好きな話ベスト3!』より
  49. ^ 『絶体絶命でんぢゃらすじーさん』2巻42〜43ページより
  50. ^ 『絶体絶命でんぢゃらすじーさん』3巻106~107ページより
  51. ^ 『絶体絶命でんぢゃらすじーさん』3巻118ページ『そやまんが』「ファンレターたくさんの巻」より
  52. ^ 第2回では抽選で2000名
  53. ^ 『絶体絶命でんぢゃらすじーさん』11巻38ページ『そやまんが』「校長人気投票の巻」より
  54. ^ 『絶体絶命でんぢゃらすじーさん』16巻182~183ページ
  55. ^ 『絶体絶命でんぢゃらすじーさん』17巻「おもしろ顔コンテスト結果発表じゃっ!」より
  56. ^ 「じーコロコミック冬号邪」82ページより
  57. ^ 『でんぢゃらすリーマン』1巻カバー扉の作者コメントより
  58. ^ 『でんぢゃらすリーマン』1巻79ページ『そやまんが』より
  59. ^ 曽山一寿 (2020年5月5日). “[https://twitter.com/soyamanga/status/1257877277309718529 伊原しげかつ先生と小栗かずまた先生から 好きな映画を4本答えるバトンが回ってきました。 ドラえもん のび太の日本誕生 逆境ナイン 少林サッカー クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん どれも大好きな作品です。]” (日本語). @soyamanga. 2020年5月6日閲覧。
  60. ^ 全話収録の予定だったが、ページ数の都合により1話のみの掲載
  61. ^ 第7号までのタイトルは『でんぢゃらすリーマン邪』。第8号より現在のタイトルに改名。
  62. ^ 『小学館こども大百科キッズペディア』、小学館、2011年、358-359ページより
  63. ^ 曽山一寿 (2020年4月28日). “[https://twitter.com/soyamanga/status/1255030039541735424 ツイッターはじめました! よろしくお願いします。pic.twitter.com/8SXTNxKR1N]” (日本語). @soyamanga. 2020年5月6日閲覧。

外部リンク編集