メインメニューを開く

曽我 朋義(そが ともよし)は、 慶應義塾大学環境情報学部教授、慶應義塾大学先端生命科学研究所教授、慶應義塾大学医学部教授(兼担)、ヒューマン・メタボローム・テクノロジーズ(株)創業者理化学研究所植物科学研究センター客員主管研究員。工学博士。専門分野は、メタボローム解析分析化学がん代謝

キャピラリー電気泳動-質量分析計 (CE-MS) によるメタボローム測定法を世界に先駆けて開発し、細胞内に存在する数千の代謝物質の一斉分析に成功する。CE-MS法は、イオン性代謝物の画期的な測定法として現在国内外から注目される。すでに、微生物(大腸菌枯草菌酵母等)、植物(イネシロイヌナズナ)、動物の組織、がん細胞等様々な生物種に応用し、代謝調節メカニズムの解明、薬物の副作用バイオマーカーの発見、がん細胞特有の代謝経路解明、血液メタボロミクスによる体内時刻の測定法の開発等の成果がある。CE-MSによるメタボローム解析法を創薬等の産業に応用するため、ヒーマン・メタボローム・テクノロジーズ(株)を創業し、取締

学歴編集

職歴編集

  • 1984年 横河電機株式会社科学機器技術部
  • 1992年 横河アナリティカルシステムズ株式会社アプリケーション開発課アプリケーションセンター
  • 2001年 慶應義塾大学環境情報学部および先端生命科学研究所 助教授
  • 2006年~ 慶應義塾大学環境情報学部および先端生命科学研究所 教授(現職)
  • 2008年~ 慶應義塾大学医学部教授(兼担)

その他 非常勤、客員等

受賞編集

外部リンク編集