メインメニューを開く

曽我直子

曽我 直子(そが なおこ、1905年 - 1995年7月24日)は、昭和初期に活動した日本の歌手である。本名は岡田 田鶴(おかだ たづ)。別の芸名として浅香 つる江がある。蒲田行進曲川崎豊デュエットで歌ったことで知られる。

概要編集

1905年、愛知県で生まれる。東洋音楽学校(現・東京音楽大学)声楽科、帝国劇場歌劇部(のちの洋劇部。1912年-1916年[1])研究生を経て歌手となる。主にニッポノホン、コロムビア、ヒコーキ(3つとも現在はコロムビアミュージックエンタテインメント)等のレコードレーベルで多くの曲を歌い、ヒット歌手となった。1995年7月24日死去。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 帝国劇場の活動−日本におけるオペラ開始クロード・ミッシェル=レーヌ、アルザス日欧知的交流事業日本研究セミナー「明治」報告書

外部リンク編集