メインメニューを開く

曽根 勇二(そね ゆうじ、1954年 - )は、日本の歴史学者

目次

略歴編集

静岡市生まれ。1977年東洋大学文学部史学科卒業。79年同大学院文学研究科日本史学専攻修士課程修了。89年東洋大学文学部史学科助手。1993年横浜市歴史博物館学芸課学芸係長。2003年横浜市八聖殿郷土資料館に勤務。2005年「近世国家の形成と戦争体制」で東洋大学文学博士横浜都市発展記念館・横浜ユーラシア文化館職員。[1]

著書編集

単著編集

  • 片桐且元』吉川弘文館〈人物叢書〉、2001年3月。ISBN 978-4642052214
  • 『近世国家の形成と戦争体制』〈歴史科学叢書〉、2004年9月。ISBN 978-4751735602
  • 『秀吉・家康政権の政治経済構造』校倉書房〈歴史科学叢書〉、2008年7月。ISBN 978-4-7517-3960-0
  • 『大坂の陣と豊臣秀頼』吉川弘文館〈敗者の日本史〉、2013年5月。ISBN 978-4-642-06459-0

共編編集

編集

  1. ^ 『大坂の陣と豊臣秀頼』著者紹介