メインメニューを開く

曽根 海成(そね かいせい、1995年4月24日 - )は、大阪府大阪市出身のプロ野球選手内野手)。右投左打。広島東洋カープ所属。

曽根 海成
広島東洋カープ #00
曽根海成2019.03.12.jpg
2019年3月12日 マツダスタジアムにて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府大阪市
生年月日 (1995-04-24) 1995年4月24日(24歳)
身長
体重
175 cm
67 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 内野手外野手捕手
プロ入り 2013年 育成選手ドラフト3位
初出場 2017年7月27日
年俸 700万円(2019年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

目次

経歴編集

プロ入り前編集

小学校2年生からソフトボールを始め、5年生の時に野球に転向[2]。「大道ジャガーズ」でプレーをする[3]

兄が京都国際高等学校の野球部に所属していたことから、同校に進学[2]。1年生の夏から2番・三塁手で出場する[4]。甲子園出場経験は無いが、1年生秋の2011年9月17日に行われた秋季京都大会ブロック予選決勝で、強豪の京都外大西高等学校に4対2で勝利し金星を挙げる[5]。同校での戦績は2年生の夏に1番・遊撃手で出場した第94回全国高等学校野球選手権京都大会においての4回戦が最高で[6]、3年生の夏に3番・捕手で出場した第95回全国高等学校野球選手権京都大会において、前年の選手権4回戦で敗退した北嵯峨高等学校と対戦し、2度の雷雨による中断を挟みながら、9回を1点リードで迎えたが、同点に追いつかれ、延長15回に逆転されて2対1で初戦敗退となる[7]。11時30分の試合開始が試合終了は18時をこえる激闘だった[2]

2013年10月24日に行われたプロ野球ドラフト会議にて、福岡ソフトバンクホークスから育成三巡目指名される。背番号140

ソフトバンク時代編集

2014年は、二軍公式戦に1試合にのみ出場[8]。三軍戦では88試合に出場し、打率.178、12打点の成績だった[9]

2015年、プロ2年目は宮崎春季キャンプ期間中の2月中旬に、特守の際に右手親指を骨折し、5月5日の三軍の試合で実戦に復帰した。二軍公式戦には34試合に出場し、打率.200、6打点、3盗塁[10]。三軍戦では29試合に出場し、打率.222、5打点、3盗塁の成績を残す[11]

2016年は、二軍公式戦に82試合に出場し、打率.244、18打点、6盗塁の成績で二軍に定着する[12]。三軍戦では33試合に出場。打率.247、5打点、9盗塁の成績だった[13]

10月31日、育成選手制度の規定に基づき自由契約公示された[14]。11月25日~12月18日まで台湾で開催された2016アジアウインターベースボールリーグにおいて、NPBウエスタン選抜として派遣され[15]、当大会で52打数16安打(打率.308)、2盗塁、7打点の成績だった[16]。12月2日、来シーズンの育成選手契約締結が発表された[17]

2017年の宮崎春季キャンプにおいてA組に抜擢され、オープン戦も一軍に帯同する。3月9日の対北海道日本ハムファイターズ戦では、8回裏に公文克彦からセンターオーバーのタイムリースリーベースを放った。さらに、守備でも軽快な動きを見せるなど活躍し、3月24日に支配下選手契約を結ぶ。年俸は550万円(金額は推定)、背番号は69[18]。会見では「(正遊撃手の)今宮健太さんを抜きたい」と目標を掲げた[18]。7月13日のフレッシュオールスターゲーム静岡県草薙総合運動場硬式野球場)では出場選手で唯一複数安打を放ち、MVPを獲得した[19]。7月27日に初めて一軍選手登録され、同日にKoboパーク宮城で行われた対東北楽天ゴールデンイーグルス15回戦において代走で一軍公式戦初出場を果たす[20]、同月29日の福岡 ヤフオク!ドームで行われた対北海道日本ハムファイターズ16回戦において、9番・二塁手で先発出場し一軍公式戦初打席を迎える[21]。今シーズンは、一軍公式戦にプロ4年目で2試合の出場を果たし、二軍公式戦においては112試合に出場し、二軍のレギュラーに定着[22]。8月30日のウエスタン・リーグ、対オリックス・バファローズ戦では、二軍公式戦、三軍戦含めて初めての本塁打をサヨナラホームランで記録する[23]

2018年、二軍公式戦で39試合打率.316、8打点の成績を出していたものの一軍出場機会はなく、7月22日美間優槻との交換トレード広島東洋カープへの移籍が発表された[24]。背番号は59[25]

広島時代編集

 
2018年8月24日 マツダスタジアムにて

8月7日に移籍後初の1軍昇格を果たす[26]と、8月23日の対東京ヤクルトスワローズ戦(マツダスタジアム)で代打出場し、適時三塁打でプロ初安打を記録[27]。古巣のソフトバンクとの対戦となった日本シリーズでは第1戦(10月27日・マツダスタジアム)に代打でシリーズ初出場を果たし、犠打を成功させた[28]

シーズン終了後の11月19日に球団から、2019年シーズンより背番号が00に変更されることが発表された[29]

選手としての特徴・人物編集

50メートル走5秒9の俊足と遠投115メートルの強肩が武器。守備ではチーム内でもトップクラスの堅守。

2016年福岡ソフトバンクホークスに育成選手ドラフト5位で指名された清水陸哉は、高校の後輩にあたる。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
2017 ソフトバンク 2 3 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
2018 広島 11 22 18 3 5 0 1 0 7 2 1 0 1 0 2 0 1 9 0 .278 .389 .381 .770
NPB:2年 13 25 21 3 5 0 1 0 7 2 1 0 1 0 2 0 1 10 0 .238 .333 .333 .666
  • 2018年度シーズン終了時

年度別守備成績編集



二塁 外野
























2017 ソフトバンク 1 1 2 0 0 1.000 -
2018 広島 5 8 14 1 1 .957 1 1 0 0 0 1.000
通算 6 9 16 1 1 .962 1 1 0 0 0 1.000
  • 2018年度シーズン終了時

表彰編集

記録編集

背番号編集

  • 140 (2014年 - 2016年)
  • 69 (2017年 - 2018年7月25日)
  • 59 (2018年7月25日 - 同年終了)
  • 00 (2019年 - )

登場曲編集

  • 「名探偵コナンのテーマ」(2017年 - )

[31]

代表歴編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

出典編集

  1. ^ 広島 - 契約更改 - プロ野球. 日刊スポーツ. 2019年1月31日閲覧。
  2. ^ a b c ☆祝☆育成枠指名 曽根海成”. 学校法人 京都国際学園ホームページ (2013年10月25日). 2017年4月4日閲覧。
  3. ^ ☆祝!大道ジャガーズ卒団選手 ソフトバンクホークス入団!☆”. 少年野球-大道ジャガーズ (2013年10月31日). 2017年4月4日閲覧。
  4. ^ 第93回全国高校野球選手権京都大会 京都国際―京都産大付(2回戦)”. 朝日新聞デジタル バーチャル高校野球. 2017年4月4日閲覧。
  5. ^ 選抜への道 2011年 秋季大会特集 2011年秋季京都府大会特集”. 高校野球ドットコム. 2017年4月4日閲覧。
  6. ^ 第94回全国高校野球選手権京都大会 北嵯峨―京都国際(4回戦)”. 朝日新聞デジタル バーチャル高校野球. 2017年4月4日閲覧。
  7. ^ 第95回全国高校野球選手権京都大会> 北嵯峨―京都国際(1回戦)”. 朝日新聞デジタル バーチャル高校野球. 2017年4月4日閲覧。
  8. ^ 2014年度 福岡ソフトバンクホークス 個人打撃成績(ウエスタン・リーグ)”. NPB.jp 日本野球機構. 2017年12月10日閲覧。
  9. ^ 2014年 3軍個人成績 打撃成績(ホークス) 2014年10月3日現在”. 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト(アーカイブ) (2014年10月3日). 2017年12月10日閲覧。
  10. ^ 2015年度 福岡ソフトバンクホークス 個人打撃成績(ウエスタン・リーグ)”. NPB.jp 日本野球機構. 2017年12月10日閲覧。
  11. ^ 非公式戦個人成績 打撃成績(ホークス)2015年9月27日現在”. 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト(アーカイブ) (2015年9月27日). 2017年12月10日閲覧。
  12. ^ 2016年度 福岡ソフトバンクホークス 個人打撃成績(ウエスタン・リーグ)”. NPB.jp 日本野球機構. 2017年12月10日閲覧。
  13. ^ 3軍選手成績 非公式戦個人成績 ・打撃成績(ホークス) 2016/12/1(木)現在”. 福岡ソフトバンクホークス オフィシャルサイト (アーカイブ). 2017年1月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年12月10日閲覧。
  14. ^ 自由契約選手(育成選手)”. NPB,jp (2016年10月31日). 2016年11月1日閲覧。
  15. ^ NPBメンバー表 NPB.jp 日本野球機構 2016年11月22日 更新。
  16. ^ 球員個人紀錄 曽根 海成 140 亞洲冬季棒球聯盟全球資訊網 (繁体中文)
  17. ^ 育成選手契約締結について プレスリリース 2016年12月2日配信。・福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト
  18. ^ a b 曽根「今宮さん抜く」 育成4年目、支配下登録”. 西日本スポーツ (2017年3月25日). 2017年4月17日閲覧。
  19. ^ 究極の投手戦!フレッシュ球宴は史上初の『0-0引き分け』BASEBALL KING(2017年7月13日)2017年7月14日閲覧
  20. ^ ソフトバンク“超特急”曽根、快足飛ばし昇格即出場”. 日刊スポーツ (2017年7月27日). 2017年8月4日閲覧。
  21. ^ ソフトバンク曽根、プロ初打席は「足が震えました」”. 日刊スポーツ (2017年7月29日). 2017年8月4日閲覧。
  22. ^ 2017年度 福岡ソフトバンクホークス 個人打撃成績(ウエスタン・リーグ)”. NPB.jp 日本野球機構. 2017年12月10日閲覧。
  23. ^ フレッシュMVP男が連敗地獄止めた!ホークス曽根、初本塁打がサヨナラの一発”. Yahoo!ニュース (2017年8月31日). 2017年12月10日閲覧。
  24. ^ ソフトバンク曽根海成、広島美間優槻が交換トレード”. 日刊スポーツ (2018年7月22日). 2017年7月24日閲覧。
  25. ^ “広島移籍の曽根が入団会見「ゼロからのスタート」 - プロ野球 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. https://www.nikkansports.com/baseball/news/201807270000627.html 2018年11月19日閲覧。 
  26. ^ 株式会社スポーツニッポン新聞社マルチメディア事業本部「広島 安部を登録抹消 5日の試合中、守備捕球で右手中指を骨折 - スポニチ Sponichi Annex 野球」『』。2018年11月9日閲覧。
  27. ^ “広島移籍の曽根「夢中」代打でプロ初Hの適時三塁打 - プロ野球 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. https://www.nikkansports.com/baseball/news/201808230000680.html 2018年11月9日閲覧。 
  28. ^ “広島曽根「足が震えた」古巣相手に初晴れ舞台で犠打 - プロ野球 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. https://www.nikkansports.com/baseball/news/201810280000027.html 2018年11月9日閲覧。 
  29. ^ 来季の背番号変更選手のお知らせ 広島東洋カープ公式サイト 2018年11月19日
  30. ^ ソフトバンク曽根海成が育成初MVP「自信になる」”. 日刊スポーツ (2017年7月13日). 2017年7月15日閲覧。
  31. ^ チーム情報 球場使用曲一覧”. 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト. 2017年4月16日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集