メインメニューを開く

曾我廼家 五九郎(そがのや ごくろう、1876年4月12日 - 1940年7月7日[1])は、日本の喜劇俳優。本名は武智 故平(たけち こへい)[1]。大正時代にの浅草の「喜劇王」としてしられた[2]

そがのや ごくろう
曾我廼家 五九郎
本名 武智 故平
生年月日 (1876-04-12) 1876年4月12日
没年月日 (1940-07-07) 1940年7月7日(64歳没)
出生地 日本の旗 日本 徳島県
職業 俳優
ジャンル 演劇映画
主な作品
ノンキナトウサン 花見の巻
ノンキナトウサン 活動の巻

武智鉄二の父とは従兄弟どうし[3]。またフランキー堺は五九郎の甥にあたる[4]

目次

人物・来歴編集

1876年(明治9年)4月12日徳島県吉野川市鴨島町に生まれる[1]

角籐定憲[5]川上音二郎[5]福井茂兵衛[5]などの壮士芝居(新派の前身)の一座を経て、満31歳を迎える1907年(明治40年)、曾我廼家五郎の喜劇一座に入門し「曾我廼家五九郎」を名乗った[1]

1910年(明治43年)には横田商会1912年(明治45年)には吉沢商店の初期のサイレント映画に主演している。特に後者は東京・浅草公園六区に吉沢商店が経営していた浅草帝国館で公開されている。同年春に独立し同地帝国館にて一座を構える、このころから川上貞奴小山内薫歌舞伎二代目市川左團次の自由劇場などの影響を受け、自らの一座に女優を積極に出演さたり、喜劇にオペラの要素を取り入れた「五九郎ミュージカル」を公演するなどその後の喜劇に大きな影響を与えた[5]、同年、横田商会と吉沢商店は合併して日活を設立した。

また、劇場どうしの引き抜き合戦の影響で、五九郎の一座は分裂、「〆太郎」と名乗っていた男が、曽我廼家五一郎と改名して、分裂した一座の座長となった[6]

満41歳を迎える1917年(大正6年)、同年にオープンした東京・浅草公園六区の観音劇場の経営を根岸興行部に任され、一座で公演する[1]。このころ、浅草の通俗教育昆虫館の経営を支援し、建替え資金を供出している。

1925年(大正14年)、満49歳のころ、麻生豊の漫画『ノンキナトウサン』を映画化した畑中蓼坡監督の『ノンキナトウサン 花見の巻』、小沢得二監督の『ノンキナトウサン 活動の巻』に主演、浅草の日本館等で公開され人気を得た。トウサン役は五九郎の当たり役となった[1]。同作は、小説家の直木三十五(当時・直木三十三)の経営する聯合映画芸術家協会が製作したもので、翌年には直木と提携するマキノ・プロダクション牧野省三らの監督した『山賊』にも主演し、一座で出演している。同作は、牧野と提携していた高松豊次郎の経営する浅草の大東京で公開された。五九郎の一座には、武智豊子(1923年入団)、伴淳三郎(1931年入団)らがいた。

1940年(昭和15年)7月7日、死去した[1]。満64歳没。弟子の「一二三」が、「二代目五九郎」を襲名した[7]

出身の吉野川市鴨島町鴨島鴨島駅前に五九郎の碑がある。

フィルモグラフィ編集

  • おとし穴 : 監督不明、横田商会、1910年 - 主演
  • 干魚 : 監督不明、横田商会、1911年 - 主演
  • 挨拶違ひ : 監督不明、吉沢商店、1912年 - 主演

編集

  1. ^ a b c d e f g 曾我廼家五九郎、『講談社 日本人名大辞典』、講談社コトバンク、2009年11月22日閲覧。
  2. ^ ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
  3. ^ 左本政治『かべす』(六芸書房)P.235
  4. ^ 左本政治『かべす』(六芸書房)P.235
  5. ^ a b c d 『大阪お笑い学―笑いとノリに賭けた面々 (なにわ雑楽誌)』P126(持田寿一1984年新泉社
  6. ^ 左本政治『かべす』(六芸書房)P.220
  7. ^ 左本政治『かべす』(六芸書房)P.234

外部リンク編集