曾我廼家五郎八

曾我廼家 五郎八(そがのや ごろはち、本名:西岡幸一1902年2月25日 - 1998年1月20日)は松竹新喜劇で活躍した喜劇役者大阪市福島区出身[1]

そがのや ごろはち
曾我廼家 五郎八
曾我廼家 五郎八
結成当時の松竹新喜劇メンバー。中列左から4人目が五郎八
本名 西岡幸一(にしおか こういち)
生年月日 (1902-02-25) 1902年2月25日
没年月日 (1998-01-20) 1998年1月20日(95歳没)
出生地 日本の旗 日本 大阪市福島区
国籍 日本の旗 日本
職業 俳優
ジャンル 演劇映画

とぼけたキャラクターを演じ、味のある脇役として一世を風靡した。娘は西岡慶子(女優)。タレントの弟子に吉本新喜劇井上竜夫菊池大助(元吉本新喜劇団員)がいる。

目次

経歴編集

父親は香川県女木島の出身で電気技師[1]。父親の転勤で3歳から神戸市で、小学校の2年間は台湾高雄市で育つ[1]。中学からは再び神戸に戻るが、父親が亡くなったため生活が困窮、1919年関西学院中等部を中退した[1]。子供の頃から野球に熱中、1920年大蔵省土木局野球部から新国劇野球部へ引き抜かれたが、力不足により1921年に三島健之助を名乗り舞台俳優に道を変え初舞台。その後1929年同志座を結成。

1939年曾我廼家五郎一座に入り曾我廼家五郎八を襲名する。1948年の松竹新喜劇旗揚げに参加し、主力芸人として発展に力を注いだ。1966年、松竹新喜劇を退団してフリーになり舞台、テレビ、映画と幅広く活躍した。

1970年には娘の西岡慶子と共にテレビドラマザ・ガードマン」に出演。勤務先の海苔屋の乗っ取りを企てる吉村親子を娘と見事に演じた。

娘の西岡慶子によると趣味はゴルフ、バイク、自動車運転などで凝り性であった[2]

出演作品編集

映画編集

テレビドラマ編集

CM編集

関係人物編集

編集

  1. ^ a b c d 澤田隆治『上方芸能列伝』文藝春秋、1993年、221-223頁
  2. ^ 2012年1月、米朝よもやま噺に出演時の発言

外部リンク編集