メインメニューを開く
画像提供依頼:曾谷貝塚の写真(特に、内容が解り易いもの及びそれと証明できる写真)の画像提供をお願いします。2014年8月

曾谷貝塚(そやかいづか)は、千葉県市川市曽谷二丁目にある縄文時代中期末から後期末にかけての貝塚で、後期末の土器型式曾谷式標式遺跡。国の史跡。ただし、貝塚形成以前の縄文前期にあたる地層からも遺構が発見されており、遺跡としてはその時期からの歴史を有する。

座標: 北緯35度44分49.45秒 東経139度56分6.91秒 / 北緯35.7470694度 東経139.9352528度 / 35.7470694; 139.9352528

曾谷貝塚の位置(千葉県内)
曾谷貝塚
曾谷貝塚

概要編集

国分川中流左岸の下総台地西縁にある標高20-25メートルの台地上に東西210メートル・南北240メートル、中央窪地型で北側に開いた馬蹄型貝塚である。単独の馬蹄型貝塚としては日本で最も広い[1]

1893年山崎直方によって初めて発掘され、1935年大場磐雄が2体の埋葬人骨を発掘した。1937年山内清男竪穴住居跡を発掘し、2年後にそこで発掘された土器を加曾利式と安行式の中間形態を持つ土器として「曾谷式」と命名した。だが、その後根拠となる土器が行方不明となり公開されなかったために「幻の土器」と称され、存在自体を否定する説も出された。

その後、周辺の宅地化や曾谷式土器の存在の是非に絡んで度々発掘が行われた(1950年東京大学)・1959年明治大学)・1960年早稲田大学)・1962年(明治大学)・1965年千葉県教育委員会)・1974年-77年市川市教育委員会)など)。その結果、1960年には抜歯跡が見られる人骨が見つかったほか、貯蔵穴から貝輪の材料であるイタボガキの貝殻が大量に発掘され、貝輪が集落のみならず外部との交易に用いられていた可能性が指摘された。更に竪穴住居跡(前期4件・中期1件・後期38件)や貯蔵穴21基、埋葬人骨20体が発掘された。こうした成果により1979年には貝塚周辺約42,100平方メートルが国の史跡に指定された。しかし山内が主張した曾谷式土器が再発見されたのは更に遅れて1987年のことであった。

現在も周辺地域の都市化・宅地化に対応する形で貝塚周辺地域での発掘作業が市川市教育委員会を中心に行われている。

脚注編集

参考文献編集

関連項目編集