替え玉受験(かえだまじゅけん)とは、受験者以外の者が受験者本人になりすまし試験を受けることである。

大学入学試験のほか、国家試験などの試験でも発覚している(下述)。大学では入学試験以外でも定期試験で本人になりすますケースがあることから、入学試験と同様に本人確認を厳しく行う大学も現れている。

これが発覚すると失格になる。その大学の関係者(学生または教職員)が入試において替え玉となり受験者になりすまして受験したり、その他の加担(受験票をひそかに差し替えるなど)を行ったりした場合、その人も退学解雇などの処分を受ける場合もある。受験票を偽造したり差し替えたりするほか、受験者になりすました人が本来の受験者の名で署名し、答案を作成し、提出することになるため、有印私文書偽造・行使などの刑事責任が問われることもある(例:東京高等裁判所平成5年4月5日判決 (PDF) )。

替え玉受験は、英語で一般的に「proxy test-taking」(『身代わり受験』の意味)と呼ばれる。

日本編集

大学入試試験編集

資格試験編集

  • アマチュア無線(電信級・電話級)の試験で替え玉受験などの不正問題が深刻化。1976年(昭和51年)、郵政省が試験を実施していた日本アマチュア無線連盟に対して書面で注意した[5]
  • 国家資格である建築施工管理技士試験でも、資格スクールの職員が関与する大規模な替え玉受験が行われたことが発覚している[6]
  • 配置薬販売業社長が、髪形を変えるなどして自分の息子に成り済まし、『登録販売者』の資格試験(薬事法改正により設けられた)を、息子の代わりに替え玉受験していた事例が発覚している[7]
  • 各企業が入社試験の一部としてウェブサイト上で行っている一般常識試験や適性試験において、十分な本人確認がされていないため替え玉受験に手を染める学生が相次いでいる[8]
  • 2014年2月に体罰により公認スポーツ指導員資格を取り消された浜松日体中学校・高等学校の元バレー部監督が、再取得を目論み、2018年11月の共通科目の検定試験を替え玉受験させており、2019年6月3日付で、受講取消処分が下された[9]

中国編集

中華人民共和国では、替え玉受験があちこちで行われており、そのため学校側も対策を行っている[10]。以下は対策の一例。

  • 入学後も試験を課す - 入学試験と入学後の試験で点数に開きがないかチェック[10]
  • 身分証明書等の書類を照会 - 入学資格がないのに、書類偽造で入学していないかをチェック[11]
  • 入学生と個別に面談[10]

脚注編集

  1. ^ 津田塾大学女装替え玉受験事件 試験日2日目に父の女装発覚 - 週刊ポストセブン、2014年1月19日
  2. ^ 月刊基礎知識 from 現代用語の基礎知識 ◆明治大学替え玉受験事件
  3. ^ “受験票写真、PCで合成…替え玉で中大だます”. 読売新聞 (読売新聞社): 社会. (2010年5月10日). オリジナルの2010年5月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100512010536/http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100510-OYT1T00465.htm 2010年5月10日閲覧。 
  4. ^ “センター試験 10年間で不正65件 うち替え玉受験2”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2016年1月10日). http://mainichi.jp/articles/20160110/k00/00e/040/123000c 2016年1月10日閲覧。 
  5. ^ ひどいぞハム試験 郵政省がアマ無線連盟しかる 替え玉受験や答案終生『朝日新聞』1976年(昭和51年)2月3日朝刊、13版、19面
  6. ^ “国家試験で集団替え玉 建築施工管理技士 斡旋のスクール代表ら逮捕”. MSN産経ニュース (産経新聞社): 事件>犯罪・疑惑. (2008年12月7日). オリジナルの2008年12月10日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20081210090423/http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/081207/crm0812070159000-n1.htm 2008年12月7日閲覧。 
  7. ^ “父が息子の替え玉受験 顔写真でばれる 置き薬販売資格試験”. MSN産経ニュース (産経新聞社): 事件>犯罪・疑惑. (2009年1月13日). オリジナルの2009年1月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090121175959/http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/090113/crm0901132024023-n1.htm 2009年1月14日閲覧。 
  8. ^ 正直者はバカ!? ウェブ入社試験に“替え玉受験”横行”. 政治・社会. 産経新聞社 (2010年3月16日). 2010年3月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年3月19日閲覧。
  9. ^ 強豪バレー部顧問が指導員試験替え玉 体罰で過去はく奪:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2020年10月20日閲覧。
  10. ^ a b c 「両親の名前?わかりません」済南大学で替え玉入学7人が退学処分-山東省済南市”. Record China (2008年2月26日). 2016年8月30日閲覧。
  11. ^ 済南大「替え玉受験」「なりすまし入学」で21人退学”. サーチナ・中国情報局 (2008年2月26日). 2010年9月8日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年8月30日閲覧。

関連項目編集