メインメニューを開く
すべての等級の業物については刀剣の業物一覧を参照ください。

最上大業物(さいじょうおおわざもの)とは、太刀など日本刀系列の最上級品をさす。

順番としては、最上大業物・大業物・良業物・業物の4段階に分けられる。

何度か追加訂正が加えられたが、1830年(天保元年)、山田浅右衛門吉睦が著わした『古今鍛冶備考』が最終版である。

また、職人の質を指す場合もある。

職人の質としては文化2年(1805年)に定められた等級である。

最上大業物十四工編集

関連記事編集