数学における最大最小不等式(さいだいさいしょうふとうしき、: max-min inequality)とは次の不等式のことをいう:任意の空でない函数 に対し

が成り立つ。等号が成り立つとき、 は強最大最小性(あるいは鞍点性)を満たすという。

証明編集

  と定義する。

 

 

 

 

関連項目編集

最小最大定理英語版

参考文献編集