メインメニューを開く

最強の法廷 裁判官桜子と10人の評決

最強の法廷 裁判官桜子と10人の評決』(さいきょうのほうてい さいばんかんさくらことじゅうにんのひょうけつ)は、2015年1月14日テレビ東京水曜ミステリー9」で放送されたテレビドラマ

撮影は綾瀬市などで行われた[1]

目次

あらすじ編集

不動産開発会社の社長が刺殺される。胸に刺さったナイフを握っているところを見られた老人・徳井正次は一度は逃亡を図るが、交番に出頭し逮捕される。この事件の裁判を担当することになったのが横浜地裁の判事・神谷桜子だった。疑問を徹底的に追及する桜子の姿勢は検察や弁護士にも知れ渡っており、裁判が長引くのではないかと心配されていた。公判前整理手続が行われ、被告人は取調べに応じ、殺害も素直に認めていることから、裁判は滞りなく進行するかに思われた。裁判員裁判のため、裁判員の選出が行われるが、仕事があるからと絶対に選ばれたくないと主張するサラリーマン、裁判員なんて自信がないというスナックのママ、怨まれたくないから適当にやってしまうかもと考えていた電器店店主など補充裁判員を含め8人が選出された。

裁判が始まると、被告人は現場にもう1人いたと、取調べでも一切言わなかったことを言い出し、法廷は混乱する。被告人がいたと主張したのは、数年前に被告人の娘を殺した罪に問われたものの無罪判決をくだされた野末直人だった。

キャスト編集

スタッフ編集

出典編集

外部リンク編集