最雲法親王

平安時代中期の法親王。天台宗の僧。第49世天台座主。

最雲法親王(さいうんほっしんのう、長治元年(1104年) - 応保2年2月16日1162年3月3日))は、平安時代中期の天台宗。父は堀河天皇

最雲法親王
続柄 堀河天皇皇子

身位 法親王
出生 長治元年(1104年
死去 応保2年2月16日1162年3月3日)(享年59)
父親 堀河天皇
母親 藤原時経女
役職 第49世天台座主
テンプレートを表示

比叡山に上り、天台座主仁豪に師事して出家・受戒し、仁実僧正から顕教密教を学んだ。1156年保元元年)延暦寺座主に就任し、1158年(保元3年)には僧正に任じられ、親王宣下を受けて法親王となった。同じ年座主の職を辞して山房に閑居、座禅看経の生活を送った。

系図編集

 
 
 
71 後三条天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
72 白河天皇
 
実仁親王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
輔仁親王
 
篤子内親王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
73 堀河天皇
 
覚行法親王
 
覚法法親王
 
媞子内親王
(郁芳門院)
 
源有仁
(有仁王)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
74 鳥羽天皇
 
最雲法親王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
75 崇徳天皇
 
77 後白河天皇
 
76 近衛天皇