會津 信吾(あいづ しんご 1959年[1] - )は、日本の古典SF研究者、文筆家。特に日本の明治・大正・昭和初期のSFをあつかう。

来歴編集

東京都生まれ[2]駒澤大学経済学部卒業[3]。少年小説、犯罪、映画など明治から昭和初期にかけての日本の大衆文化、社会風俗の研究、評論を中心に活動。日本SF作家クラブ会員。海外、国内の奇書珍書を扱うネット古書店「怪美堂」店主[4]

1982年ごろに會津が会長として「日本SF史研究会」を創設。横田順彌池田憲章竹内博らが参加。しかし、3年ほどで解散となった[5]。1986年、横田順彌らと、日本古典SF研究会の創立に参加(初代会長は長山靖生)。

『海野十三全集』(三一書房、1988~1993年)の編集に携わる[6]。著書に『昭和空想科学館』(里艸、1998年)、『日本科学小説年表』(里艸、1999年)など[7][8]

1989年、第9回日本SF大賞を横田順彌との共著『快男児・押川春浪』で受賞。

2003年10月から2004年3月にかけて、横浜国立大学非常勤講師、「日本SF史」を担当。

著書編集

共著編集

  • 「快男児 押川春浪」横田順弥 パンリサーチインスティテュート 1987/12/1 のち徳間文庫
  • 「新・日本SFこてん古典」横田順弥 徳間文庫 1988/8/1
  • 「近代日本の殺人ファイル」長山靖生 光栄 1996/3/1

日本語版編集委員編集

編著・共編著編集

  • 少年小説大系09 海野十三集、会津信吾編 三一書房 1987/2/1
  • 少年小説大系18 少年SF傑作集 会津信吾, 横田順彌編 三一書房 1992/5/1
  • 少年小説大系17 平田晋策蘭郁二郎集 会津信吾編 三一書房 1994/2/1
  • 怪樹の腕 (〈ウィアード・テールズ〉戦前邦訳傑作選) 会津信吾、藤元直樹編、 東京創元社 2013/2/27
  • 霊を知る 近代日本心霊文学セレクション 一柳広孝、会津信吾, 奥山文幸編 蒼丘書林 2014/4

受賞編集

  • 1989年 第9回日本SF大賞(横田順彌と共著『快男児・押川春浪』)

出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 東京創元社・著者紹介
  2. ^ 東京創元社・著者紹介
  3. ^ 東京創元社・著者紹介
  4. ^ 紀伊國屋書店. “著者紹介「怪樹の腕」”. 2020年4月15日閲覧。
  5. ^ 『SFマガジン』2019年6月号・追悼横田順彌、P.76「参ったよ」長山靖生
  6. ^ 東京創元社・著者紹介
  7. ^ 東京創元社・著者紹介
  8. ^ 紀伊國屋書店. “著書”. 2020年4月15日閲覧。

 

外部リンク編集