會津風雅堂

福島県会津若松市にある多目的ホール

會津風雅堂[1](あいづふうがどう)は、福島県会津若松市城東町にある多目的ホール

會津風雅堂
Aizu Fugado
Aizu-Fugado.JPG
情報
正式名称 會津風雅堂
開館 1994年6月27日
収容人員 1,758人
延床面積 7306.66m²
運営 財団法人会津若松文化振興財団
所在地 福島県会津若松市城東町12番1号
位置 北緯37度29分15秒
東経139度56分17秒
座標: 北緯37度29分15秒 東経139度56分17秒

目次

概要編集

座席数が1,758席を有し、福島県会津地方では最大、県内でも、郡山市民文化センター(1,998席)に次いで2番目に規模が大きい。管理運営は、財団法人会津若松文化振興財団により行われており、館内に事務局が設けられている。

コンサートや市内の学校が行う各種発表会、が主催する自主事業など様々な催し物が開催されている。

會津風雅堂は、市のシンボルである鶴ヶ城に隣接する場所に位置し、その名前は「會」が歴史と伝統を、「堂」が建物の威風を表し、その間の「」と「」は、ここから文化の優雅な風が街中に吹き渡るようにとの願いが込められている。[2]

大ホールは、1階席(1,158席)2階席(600席)に分かれており、催し物の規模に応じた 客席の使い分けが可能。さらに側壁の残響可変装置と組み合わせることにより、何通りもの残響を生み出すことができる。

2016年3月12日には本会場でNHK総合テレビ震災から5年 "明日へ"コンサート』が開催。『明日へコンサート』には「解散騒動」の最中にあったSMAPも出演、同年末の解散前最後の音楽番組出演となった[3]

沿革編集

アクセス編集

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 津風雅堂」と表記されることもあるが、正式には「会」は「會」である。
  2. ^ 福島県文化センター
  3. ^ “SMAP28年の歴史に幕 12月31日で解散”. デイリースポーツ. (2017年1月1日). http://www.daily.co.jp/gossip/2017/01/01/0009796333.shtml 2017年1月15日閲覧。 

外部リンク編集