月のワルツ」(つきのワルツ)は、諫山実生の楽曲である。2004年12月1日に東芝EMIより8枚目のシングルとして発売された。2004年10月から11月にかけてNHK音楽番組みんなのうた』で放送された楽曲で、諫山実生の楽曲が『みんなのうた』で放送されたのは、2002年8月から9月に放送された「恋花火」以来、2年ぶり2回目。

月のワルツ
諫山実生シングル
初出アルバム『恋愛組曲〜ONE AND ONLY STORY〜』
B面 坂道
リリース
規格 マキシシングル
ジャンル
時間
レーベル 東芝EMI
作詞・作曲
チャート最高順位
諫山実生 シングル 年表
  • 手紙
  • (2004年)
  • 月のワルツ
  • (2004年)
  • サハラの誘惑
  • (2005年)
恋愛組曲〜ONE AND ONLY STORY〜 収録曲
月のワルツ
(1)
心春めいて…
(2)


想いコガレテ
(6)
坂道
(7)
桟橋 (アルバム・バージョン)
(8)
ライブ映像
「月のワルツ (LIVE ver. / @ 2009年8月5日 Shibuya DUO Music Exchange)」 - YouTube
テンプレートを表示
みんなのうた
月のワルツ
歌手 諫山実生
作詞者 湯川れい子
作曲者 諫山実生
編曲者 安部潤
映像 アニメーション
映像制作者 いしづかあつこ
初放送月 2004年10月 - 11月
再放送月
  • 2005年2月 - 3月
  • 2008年4月 - 5月
  • 2011年11月(お楽しみ枠)
  • 2012年10月6日・11月3日(リクエスト
  • 2015年10月 - 11月(お楽しみ枠)
  • 2018年12月 - 2019年1月(お楽しみ枠)
  • 2021年10月1日・10月8日・10月15日
テンプレートを表示

放送と反響編集

アニメーションの制作は、番組初参加のいしづかあつこが手掛けた。アニメーションは、からくり時計を見入る少女が、青く光る目をした老夫に出会うところから始まり、月が青い夜に森の中をさまよって、次々に不思議な体験をするというストーリーになっている[2]

2007年の大晦日NHK教育テレビおよびNHKラジオ第1放送にて放送された『みんなのうたざんまい』によると、先にアニメーション部分が何パターンか作られ、その中の1つからイメージを引き出される形で曲が作られたという。[要出典]

NHKにリクエストの要望が多く寄せられるなど反響も高く、NHKの番組公式サイトへの問い合わせが2700件以上も殺到[2]。この件数は2004年度で最大の件数となった[3]。2005年2月期に再放送[4]されたのをはじめとしてその後もたびたびアンコール放送されている。

シングルの初回出荷は2000枚であったが、2005年1月時点で既に3万枚以上を売り上げている[3]

収録曲編集

#タイトル作詞作曲編曲時間
1.「月のワルツ」湯川れい子諌山実生安部潤
2.「坂道」諫山実生諫山実生内池秀和
3.「月のワルツ」(オリジナル・カラオケ)   
合計時間:

カバー・バージョン編集

脚注編集

[脚注の使い方]

出典編集

  1. ^ a b 諫山実生 / 月のワルツ [CCCD] [廃盤]”. CDJournal. 株式会社シーディージャーナル. 2021年5月12日閲覧。
  2. ^ a b 野口博之 (2018年12月15日). “あの「月のワルツ」、NHK再放送へ 初放送から14年、「懐かしい」「凄い好き」と人気再燃”. J-CAST ニュース (株式会社ジェイ・キャスト). https://www.j-cast.com/2018/12/15346171.html?p=all 2021年5月12日閲覧。 
  3. ^ a b “みんなのうたで誕生「月のワルツ」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2005年1月21日). オリジナルの2005年1月23日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20050123045311/http://www.sponichi.co.jp/entertainment/kiji/2005/01/21/05.html 2021年5月12日閲覧。 
  4. ^ “諫山実生の「月のワルツ」が再び話題に”. BARKS (ジャパンミュージックネットワーク株式会社). (2008年4月11日). https://www.barks.jp/news/?id=1000039263 2021年5月12日閲覧。 

外部リンク編集