月刊少年ガンガン

スクウェア・エニックスが発行する日本の漫画雑誌

月刊少年ガンガン』(げっかんしょうねんガンガン)は、スクウェア・エニックスが発行する日本月刊少年漫画雑誌エニックス時代の1991年3月12日に創刊。毎月12日発売。

月刊少年ガンガン
愛称・略称 ガンガン
ジャンル 漫画雑誌
読者対象 中学生男女[1]
刊行頻度 月刊→月2回刊(第2・第4金曜日)→月刊(毎月12日発売)
発売国 日本の旗 日本
言語 日本語
出版社 スクウェア・エニックス(旧エニックス
編集部名 少年ガンガン編集部
発行人 松浦克義
編集人 下村裕一
雑誌名コード 487
刊行期間 1991年3月12日(1991年4月号) -
発行部数 推定3万[2]部(2014年全国出版協会・出版科学研究所調べ)
レーベル ガンガンコミックス (GC)
姉妹誌 月刊Gファンタジー
月刊ガンガンJOKER
ヤングガンガン
ガンガンONLINEウェブコミック配信サイト
ウェブサイト 月刊少年ガンガン
テンプレートを表示

月刊で創刊し、1996年4月12日に第2・第4金曜日発売の月2回刊になった後、1998年4月12日から月刊に戻っている。

概要編集

2011年現在の対象読者はゲーム世代の中学生男女[1]。だが実際の読者は高校生が14パーセント、大学生以上が30パーセントである[1]。誌名は『ドラゴンクエストIV 導かれし者たち』で初出となった作戦コマンドガンガンいこうぜ」にちなんでいると言われている。

少年漫画誌では1、2を争うほどの厚さがある[3]。創刊当初は一般的な厚みで、月2回刊時は1996年・1997年には600頁、1998年には500頁程度だったが、月2回刊を経て月刊に戻った際に厚みが増し再び月刊化した1999年には800頁に膨れ上がっている[4]。一時期1000ページを超えたこともある。CMで「『ガンガン』を人の体に落とすと危険」というギャグを使ったこともある。特大号と付く号は1000ページを超える。ただし各作品のページ数は、連載枠獲得のための公募作掲載コーナーが出来たことによる作品数増加で落ち着いている。このため、第三種郵便物の認可を受けているものの、実際には重量制限である1キログラムを超えるため送ることは出来ない。

2021年現在の定価は550円または600円(税込)。創刊当初の定価は390円(税込)。隔週発行時は280円 - 300円(税込)。

歴史編集

前史編集

ゲームメーカーであるエニックスは『ドラゴンクエスト』等ゲームの販売に依存した収益構造を変え、収入を安定させるために出版部門に進出する[5][6]。ゆくゆくはゲームソフト事業に次ぐ主力部門を目指した[7]

当初は攻略本など『ドラゴンクエスト』中心とする書籍を刊行。1990年頃には、すでに漫画雑誌発行の企画は進んでおり[8]、1990年に出版した漫画アンソロジー『ドラゴンクエスト4コママンガ劇場』は好評を博しシリーズ化。1991年末までに販売されたシリーズ累計で五百万冊に迫るなど相当な人気だった[9]。その一方で新人賞 賞金総額1000万円を懸けて「エニックスファンタジーコミック大賞」を開催。この賞を受賞した渡辺道明西川秀明柴田亜美といった漫画家達が後のガンガンで執筆することになる。受賞作品は後に「コミックファンタジーワールド」として単行本化されている。

創刊から人気雑誌へ編集

1991年3月12日に小学校高学年から中学生を対象として創刊[3][10][11]。発売前であった『ドラゴンクエストV 天空の花嫁』の最新情報を毎号掲載しており[10]、創刊時の売りは『ドラゴンクエストV 天空の花嫁』カセットの読者プレゼント企画だった。創刊半年後の発行部数は30万程[11]。当初は『ドラゴンクエスト列伝 ロトの紋章』、『南国少年パプワくん』が人気を集める。また『ハーメルンのバイオリン弾き』、『突撃!パッパラ隊』、『魔法陣グルグル』等長期に渡り『少年ガンガン』を引っ張っていく作品も登場する。

それまで20年間ほど月刊漫画雑誌の創刊で成功といえるものが無かったため、出版関係者からの驚きの声があった[12]評論家編集者大塚英志は1994年頃からゲーム系の漫画雑誌が続々創刊したのは、エニックスの成功に刺激を受けたためだとしている[13]。創刊からの好調の要因は主に『ドラゴンクエスト』の要素を前面に出してゲームユーザー向けにしたことと、『ドラクエ』の新作情報を取り上げたことが挙げられている[14][15]。だが、当時の『ぱふ』編集長・猪飼幹太はゲームに頼りすぎず、漫画の魅力を追求したから成功したとしている[15]

エニックスは『月刊少年ガンガン』に続いて、1995年の月2回刊化までに『フレッシュガンガン』(後の『月刊ガンガンWING』)、『ガンガンファンタジー』(後に『月刊Gファンタジー』に改名)、『月刊少年ギャグ王』といった兄弟誌を創刊していく。漫画雑誌によって出版部門は会社の安定収入基盤となり、『ドラゴンクエストシリーズ』未発売期における業績下支えとなった[16][17]。またこの頃は『南国少年パプワくん』・『魔法陣グルグル』・『ハーメルンのバイオリン弾き』といった人気作品が、エニックスよりゲーム化されている。1995年から売り上げを伸ばすことと単行本数を増やすことを目的として、隔週発行となる[16]。社長の福嶋康博は隔週化により出版部門の売上高20パーセント程増加すると見込んでいた[18]

誌面の変容編集

創刊当初は一般には『ドラゴンクエストシリーズ』を中心とし、ゲームとファンタジー要素の強い漫画雑誌と見られていた[11]。しかし実際には、『4コママンガ劇場』と『ロトの紋章』を除けば『ドラクエ』とは関係ない漫画の方が多く[12]、創刊当初の編集長保坂嘉弘は「ゲームに偏るクラス・マガジンが目標ではなく、めざすは『ジャンプ』『マガジン』のような一般少年コミック誌」という考えを打ち明けていた[11]

だが月2回刊化を前後して『少年ガンガン』に変化が現れる。漫画評論家・伊藤剛は、1990年代中頃からそれまでの漫画とは異質な作品が『少年ガンガン』及び兄弟誌で現れ出したことを実感し[19]、後に編集長を務める松崎武吏は、1995年頃から読者の年齢層が上がって「特定層の好みに傾いてしまった」と語っている[3]。次第に誌面は、少年漫画少女漫画との枠が無くなり、それぞれの色が混在する独特の雰囲気となっていき、いつしか連載作品は「ガンガン系」「エニックス系(スクウェア・エニックス系)」と呼ばれるようになり、周辺雑誌を含めて連載される作品がそう呼ばれるようになった[19]

保坂の考えも変わっていったようで、1996年時には「コミック誌にゲームの要素を入れるつもりはなかったし、いまもない」と述べている[6]が、1997年のインタビューでは「ゲームユーザーにゲーム感覚のコミックを提供しようというコンセプト」と語っている[20]。実際に、1997年以降『ポケットモンスター』、『アークザラッドII』、『スターオーシャン』、『モンスターファーム』といった『ドラクエ』以外のゲームを題材とした漫画が掲載されるようになる。一方で、作品の自社ゲーム化は1997年の『忍ペンまん丸』を最後に一時途絶える。2000年12月の『ドキドキ♡伝説 魔法陣グルグル』がゲームボーイカラー用ソフトとして発売されているが、それ以外は合併されるまで発売されていない。その他『突撃!パッパラ隊』が2000年3月にJ・ウイングからゲームボーイ用ソフトとして発売されている。

1998年4月に再び月刊に戻る。この頃保坂嘉弘から飯田義弘に編集長が変わる。再月刊化後は『まもって守護月天!』、『刻の大地』、『ジャングルはいつもハレのちグゥ』、『スターオーシャン セカンドストーリー』など女性漫画家の作品が人気を出していった。

エニックスお家騒動編集

エニックス系の作品が人気を出している中、現状の方向性などで編集部内での反発・対立が起き、2001年に『月刊少年ガンガン』および周辺雑誌の編集長を務めた保坂嘉弘が退社し、新会社・マッグガーデンを立ち上げる。そしてエニックスの漫画雑誌から編集者と漫画家・作品が引き抜かれてしまうお家騒動が発生する。周辺雑誌では打ち切りの作品が相次ぎ、『月刊少年ガンガン』でも多くの漫画の連載が終了。人気のあった『まもって守護月天!』『新撰組異聞PEACE MAKER』『魔探偵ロキ』はそのまま新雑誌に移ることになり、編集長だった飯田義弘も移籍してしまう。この混乱時期を支えたのは『ジャングルはいつもハレのちグゥ』『東京アンダーグラウンド』『スパイラル 〜推理の絆〜』といった以前から残った連載作品と、連載終了と入れ替わりの新連載群である。後に『月刊少年ガンガン』の中心となる『鋼の錬金術師』もその際の新連載の一つであった。お家騒動中の2001年9月に編集長を就任した松崎武吏は、再び少年漫画を中心とした方向転換を目指したと語っている[3]

エニックスお家騒動後編集

2003年4月1日、エニックススクウェアと合併、スクウェア・エニックスとなると『ファイナルファンタジー』、『キングダムハーツ』といった、旧スクウェアのゲームを題材とした漫画も掲載されるようになった。そして同年10月、新連載群の一つであった『鋼の錬金術師』がTVアニメ化されると『月刊少年ガンガン』の部数が増加[3]、出版業界で漫画雑誌全体の売り上げが伸び悩む中、大幅に部数を伸ばした[21]。スクウェア・エニックスは『鋼の錬金術師』以後、人気作品を自社スポンサーとしてアニメ化して認知度を向上させ、単行本収益を増加させる方法が採られた[22][23]。そこから『ながされて藍蘭島』、『屍姫』、『ソウルイーター』や、外部タイアップの『ひぐらしのなく頃に』、『とある魔術の禁書目録』などの作品がメディアミックス化されていった。

2010年7月号は、『鋼の錬金術師』の最終回掲載により、全国の書店で『月刊少年ガンガン』の売り切れが続出した。対処として、同年の9月号にも最終回を再録することとなった[24]

『鋼の錬金術師』連載終了後編集

2010年、『鋼の錬金術師』の連載が終了し、『月刊少年ガンガン』の売上が減少し始める。ヤングガンガンで連載している『咲-Saki-』のスピンオフ作品『咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A』、『スパイラル 〜推理の絆〜』の城平京が原作の『絶園のテンペスト』、『ソウルイーター』の外伝作品『ソウルイーターノット!』、『とある魔術の禁書目録』関連の作品などを連載するも、全国出版協会の推定値によると、2004年に37万部、2010年時点で15万部だった発行部数は、2015年現在2万部にまで落ち込んでいる。2016年5月号で創刊25周年となり、ロゴや使われている紙などを変更しリニューアルを行った。2017年3月号より電子版の配信を開始した。 2021年、創刊30周年となった。

連載作品編集

2021年10月号現在。

連載終了作品編集

あ行編集

か行編集

さ行編集

た行編集

な行編集

は行編集

ま行編集

や行編集

ら行編集

わ行編集

主な読み切り編集

映像化作品編集

テレビアニメ編集

作品 放送年 アニメーション制作 備考
南国少年パプワくん 1992年-1993年 日本アニメーション
魔法陣グルグル 1994年-1995年(第1作・第1期) 日本アニメーション 映画あり(1996年、3本立てのうちの1本)
2000年(第1作・第2期)
2017年(第2作) Production I.G
ハーメルンのバイオリン弾き 1996年-1997年 スタジオディーン
忍ペンまん丸 1997年-1998年 シンエイ動画
突撃!パッパラ隊 1998年-1999年 マジックバス
ジャングルはいつもハレのちグゥ 2001年 シンエイ動画 OVAあり
東京アンダーグラウンド 2002年 ぴえろ
円盤皇女ワるきゅーレ 2002年(第1期) TNK OVAあり
2003年(第2期)
スパイラル 〜推理の絆〜 2002年-2003年 J.C.STAFF
PAPUWA 2003年-2004年 日本アニメーション
鋼の錬金術師 2003年-2004年(第1期) ボンズ 映画あり(2005年)
2009年-2010年(第2期)
ながされて藍蘭島 2007年 feel.
ソウルイーター 2008年-2009年 ボンズ
屍姫 2008年-2009年 GAINAX
feel.
未放送1話あり
絶園のテンペスト 2012年-2013年 ボンズ
ソウルイーターノット! 2014年 ボンズ ソウルイーター外伝
ばらかもん 2014年 キネマシトラス
はんだくん 2016年 ディオメディア ばらかもんスピンオフ
ベルゼブブ嬢のお気に召すまま。 2018年 ライデンフィルム
戦×恋 2019年 フッズエンタテインメント
無能なナナ 2020年 ブリッジ
社畜さんは幼女幽霊に癒されたい。 未発表 未発表

劇場アニメ編集

作品 公開年 アニメーション制作 備考
ドラゴンクエスト列伝 ロトの紋章 1996年 日本アニメーション 3本立てのうちの1本
ハーメルンのバイオリン弾き 1996年 日本アニメーション 3本立てのうちの1本

実写映画編集

作品 公開年 監督 主演 備考
鋼の錬金術師 2017年 曽利文彦 山田涼介

OVA編集

作品 発売年 アニメーション制作 備考
TWIN SIGNAL 1996年
刻の大地 1998年、1999年 マジックバス

テレビドラマ編集

作品 放送年 制作 備考
おじさまと猫 2021年 テレビ東京、ソケット

発行部数編集

これらの部数は全国出版協会発行の「出版指標 年報」掲載の推定値であり、実数ではないので注意が必要である。

  • 1991年 24万部
  • 1992年 25万部
  • 1993年 35万部
  • 1994年 34万部
  • 1995年 41万部
  • 1996年 23万部
  • 1997年 18万部
  • 1998年 22万部
  • 1999年 25万部
  • 2000年 25万部
  • 2001年 不明
  • 2002年 18万部
  • 2003年 20万部
  • 2004年 37万部
  • 2005年 27万部
  • 2006年 20万部
  • 2007年 16万部
  • 2008年 14万部
  • 2009年 16万部
  • 2010年 15万部
  • 2011年 12万部
  • 2012年 7万部
  • 2013年 5万部
  • 2014年 3万部
  • 2015年 2万部

歴代編集長編集

関連誌編集

ガンガンコミックス編集

ガンガンコミックスは、『月刊少年ガンガン』および増刊の『ガンガンパワード』に掲載された作品を主に収録する漫画単行本レーベル1991年9月創刊[25]。略称は「GC」。

通常は新書判で、主に連載時のページ数が少ない4コマ・ショートギャグ作品など作品によってはA5判やB6判で刊行される場合もある。判型の違いによりレーベルの名称が変わることは無い。

サブレーベルとしてガンガンコミックスデラックスがあり、こちらは2003年2月に『LUNO』(冬目景、B6判)の発行で創刊している。特徴として、四角い枠のGCがタイトルの上部に入る。掲載作品により、デザインが異なる。

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

出典編集

  1. ^ a b c 『雑誌新聞総かたろぐ 2010年版』メディア・リサーチ・センター、2010年5月25日発行 ISBN 978-4-89554-040-7、307頁。
  2. ^ 『2015年 出版指標年報』全国出版協会・出版科学研究所 ISBN 978-4-915084-02-7
  3. ^ a b c d e 「編集長に聞く:月刊少年ガンガン・松崎武吏さん ファンタジーから料理まで」『毎日新聞2004年12月24日夕刊、8頁。
  4. ^ メディアリサーチセンター刊行の『雑誌新聞記事総かたろぐ』による。
  5. ^ 「エニックス、"ドラクエ攻略"の次は…一般書籍を拡充―漫画単行本・小説など。」『日経産業新聞1991年8月3日付、4頁。
  6. ^ a b 「ゲーム界、メディア戦略加速―収益構造を安定化」『日本経済新聞1996年6月17日付朝刊、13頁。
  7. ^ 「出版事業に参入、エニックス、まず「ドラクエ」関連本」『日経産業新聞1988年9月1日付、7頁。
  8. ^ 「エニックス社長福嶋康博―「ドラクエ」すそ野広がる(インタビュー流通)」『日経流通新聞1990年5月19日付、11頁。
  9. ^ 「ドラクエ漫画でワハハ、4コマギャグが少年たちに人気」『日経流通新聞1991年11月19日付、23頁。
  10. ^ a b 『出版年鑑 1992年版 第1巻』出版ニュース社、1992年5月15日発行、90頁。
  11. ^ a b c d 福井文吾「TVゲームとコミックの新たな“融合”」『』1991年9月号、創出版、116-121頁。
  12. ^ a b 「誰もやらないことに挑め(7)スク・エニ名誉会長福嶋康博氏(仕事人秘録)」『日経産業新聞2008年10月1日付、26頁。
  13. ^ 大塚英志「まんがランダム ゲーム会社のコミック誌大当たり」『読売新聞1995年11月20日付朝刊、9頁。
  14. ^ 「スペシャル・リポート強いのは当然、マンガ出版の効率経営 数百万部の雑誌に単行本を連動版権ビジネスも拡大の余地」『日経ビジネス1993年9月13日号、日経BP社、117頁。
  15. ^ a b 猪飼幹太「ま・ん・がWORLD、まんが誌「少年ガンガン」、「ゲームは従」で4誌の壁を崩す」『日本経済新聞1996年2月27日付夕刊、6頁。
  16. ^ a b 「エニックス、月刊マンガ雑誌、隔週発行に転換。」『日本経済新聞1995年5月10日付朝刊、15頁。
  17. ^ 「店頭企業トップに聞く エニックス 福嶋康博社長-新ソフト開発に重点 出版部門、業績を下支え」『日経金融新聞1994年2月17日付、21頁。
  18. ^ 「エニックス社長福嶋康博氏―脱ドラクエ課題に(トップ戦略を語る)」『日経金融新聞1996年1月9日付、16頁。
  19. ^ a b 伊藤剛『テヅカ・イズ・デッド - ひらかれたマンガ表現論へ』NTT出版、2005年 ISBN 4-7571-4129-7、13 - 28頁。
  20. ^ 村上知彦監修『みんなのマンガ '98コミックランキング』毎日出版社、1998年、ISBN 4-620-79094-X、88頁。
  21. ^ 『出版年鑑 2005年版 第1巻』出版ニュース社、2005年5月30日、53頁。
  22. ^ 倉重宣之「『少年ガンガン』『Gファンタジー』スクエニのクロスメディア戦略(変貌するマンガ市場)」『』2009年5月号、創出版、64-65頁。
  23. ^ 「成長の研究 スクウェア・エニックス・ホールディングス ヒット連発、仕掛けあり」『日経ビジネス』2009年8月31日号、日経BP社、50-54頁。
  24. ^ 「最終回掲載は完売!『ハガレン』は狙い通りのブームに」『日経エンタテインメント!』2010年9月号、日経BP社、46頁。
  25. ^ 『出版年鑑 1992年版 第1巻』74頁。

関連項目編集

外部リンク編集