月寒村

日本の北海道札幌郡にあった村

月寒村(つきさっぷむら)は、北海道石狩国札幌郡にかつて存在した

月寒村
廃止日 1902年4月1日
廃止理由 豊平村と合併
現在の自治体 札幌市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 北海道地方
都道府県 北海道 札幌支庁
札幌郡
隣接自治体 豊平村平岸村、その他
月寒村役場
所在地 北海道
ウィキプロジェクト
テンプレートを表示

概要編集

札幌市の領域に、かつて存在した村である。

豊平区月寒の全域のほか、西岡福住羊ケ丘の広い地域、清田区全域が含まれていた。

地名の由来編集

諸説あるが、アイヌ語の「チ・キサ・ㇷ゚」(ラテン文字表記:chi-kisa-p、「我々・こする・もの」の意)または 「トゥ・ケㇱ・サㇷ゚」(tu-kes-sap、「丘・の外れの・下り坂」の意)が転訛して「つきさっぷ」となった説が有力である。

読みは1943年昭和18年)に現在のものに変更された。

領域編集

現在の札幌市豊平区の大部分

・月寒東・月寒西・月寒中央通・西岡・福住・羊ケ丘・美園の一部

現在の札幌市清田区全域

・清田・里塚真栄平岡有明滝野

現在の北広島市の大部分

1871年明治4年)から1896年(明治28年)の「広島村」(現・北広島市)分離までである

沿革編集

関連人物編集

1861年文久元年)岩手県生まれ。1871年(明治4年)頃より、月寒村の領域に住み始め、吉田農場吉田用水、そして吉田牧場を興した。1916年大正5年)死去。

関連項目編集