メインメニューを開く

月崎駅

日本の千葉県市原市にある小湊鐵道の駅

月崎駅(つきざきえき)は、千葉県市原市月崎にある、小湊鉄道線である。

月崎駅
駅舎(2008年4月)
駅舎(2008年4月)
つきざき
Tsukizaki
飯給 (2.3km)
(2.5km) 上総大久保
所在地 千葉県市原市月崎539
所属事業者 小湊鉄道
所属路線 小湊鉄道線
キロ程 29.8km(五井起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
乗車人員
-統計年度-
12人/日(降車客含まず)
-2015年-
開業年月日 1926年大正15年)9月1日
備考 有人駅(土休日のみ)
テンプレートを表示
ホーム(2008年4月)
公衆トイレ(2013年4月)

月崎駅
配線図

飯給駅

STR+BSr eSTR+BSl eSTR+BSr
eSTR+BSl eSTR+BSr
STR+BSr eSTR+BSl eSTR+BSr

上総大久保駅

目次

歴史編集

  • 1926年大正15年)9月1日 - 開業。
  • 1967年昭和42年) - 無人駅となる。
  • 2014年平成26年)8月15日 - 駅前商店にて乗車券類の簡易委託発売を開始。
  • 2016年(平成28年)11月18日 - 駅本屋及びプラットホームと旧下り線プラットホームについて、国の有形文化財(建造物)への登録が答申される[1][2]
  • 2017年(平成29年)5月2日 - 国の登録有形文化財に正式登録される。

駅構造編集

駅舎に接して単式ホーム1面1線がある地上駅である。奥には使用されていない島式ホーム1面2線が残っている。

駅舎は古くからの木造であるが、無人駅となってからは、内部は待合所のみで出札口などは残っていない状態であった。しかし、チバニアン命名により里山トロッコ停車駅となったことを契機に再有人化され、出札窓口と駅務室が再度設置されており、土休日は駅員が常駐する。

2009年11月にはログハウスの公衆トイレが設置された。1967年に無人化以降、長らくの間乗車券の発売は車内のみであったが、2014年8月15日に駅前のヤマザキショップ朝日屋で簡易委託による硬券乗車券の発売が開始された[3]。小湊鉄道線内の普通乗車券と月崎駅普通入場券のみの取扱いで、往復割引乗車券、回数乗車券、定期乗車券、五井からJR東日本線への連絡乗車券は取扱わない。

のりば編集

旧線 小湊鉄道線 単線化のため使用休止
1 小湊鉄道線 上総牛久五井方面
養老渓谷上総中野方面

利用状況編集

2015年度の乗車人員は1日平均12人。

近年の一日平均乗車人員推移は下表の通り。

乗車人員推移
年度 一日平均乗車人員 備考
1986 129 [4]
2007 16 [5]
2008 15 [6]
2009 5 [7]
2010 5 [8]
2011 6 [9]
2012 7 [10]
2013 11 [11]
2014 17 [12]
2015 12 [13]

駅周辺編集

その他編集

レンタサイクル(300円)を実施している。

隣の駅編集

小湊鉄道
小湊鉄道線
飯給駅 - 月崎駅 - 上総大久保駅

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集