月探査機の一覧

ウィキメディアの一覧記事
月探査機から転送)

月探査機の一覧(つきたんさきのいちらん)では、宇宙探査機のうち、月探査を目的としたものを列挙する。アポロ計画の宇宙船はこれに含まない。

1958年編集

機体 組織 日付 種類 成否 備考 画像
パイオニア0号   DOD 1958年8月17日 オービター 失敗 地球軌道を離脱しようとする初の試み。
打ち上げ機が故障、最高高度 16 km。
  [1]
ルナ1958A   ソ連 1958年9月23日 インパクター 打ち上げ機が故障 [2]
パイオニア1号   NASA/
  DOD
1958年10月11日 オービター 2段目が失敗。最高高度 113,800 km。   [3]
ルナ1958B   ソ連 1958年10月12日 インパクター 打ち上げ機が故障 [4]
パイオニア2号   NASA/
  STL
1958年11月8日 オービター 3段目が失敗。最高高度 1,550 km。   [5]
ルナ1958C   ソ連 1958年12月4日 インパクター 打ち上げ機が故障 [6]
パイオニア3号   NASA/
  DOD
1958年12月6日 フライバイ 燃料減損。最高高度 102,360 km。   [7]

1959年編集

機体 組織 日付 種類 成否 備考 画像
ルナ1号   ソ連 1959年1月4日 フライバイ 部分的成功 月に接近した初の宇宙機(5,995km以内に接近した)。
恐らくは衝突させる予定だった。
[8]
ルナ1959A   ソ連 1959年6月18日 インパクター 失敗 地球軌道到達に失敗 [9]
パイオニア4号   NASA/
  DOD
1959年3月4日 フライバイ 部分的成功 遠距離フライバイ達成。
太陽周回軌道に入ったアメリカ初の探査機。
  [10]
ルナ2号   ソ連 1959年9月14日 インパクター 成功 月に初衝突 [11]
パイオニアP-1   NASA 1959年9月24日? オービター? 失敗 打ち上げ失敗もしくは打ち上げ台が試験中に爆破。
ソースによって異なる。
 
ルナ3号   ソ連 1959年10月6日 フライバイ 成功 月の裏側を初撮影 [12]
パイオニアP-3   NASA 1959年11月26日 オービター 失敗 打ち上げ直後分解。   [13]

1960年編集

機体 組織 日付 種類 成否 備考 画像
ルナ1960A   ソ連 1960年4月15日 フライバイ 失敗 予定された軌道到達に失敗 [14]
ルナ1960B 1960年4月16日 打ち上げ機が故障 [15]
パイオニアP-30   NASA 1960年9月25日 オービター 2段目不具合により地球軌道到達に失敗。   [16]
パイオニアP-31 1960年12月15日 1段目失敗   [17]

1962年-1963年編集

機体 組織 日付 種類 成否 備考 画像
レインジャー3号   NASA 1962年1月28日 インパクター 失敗 目標と接触失敗   [18]
レインジャー4号 1962年4月26日 月の裏側に衝突。データは地上に送られなかった   [19]
レインジャー5号 1962年10月21日 電力障害。目標と接触失敗   [20]
スプートニク25号   ソ連 1963年1月5日 ランダー 地球軌道脱出に失敗 [21]
ルナ1963B 1963年2月2日 ランダー? 地球軌道到達に失敗 [22]
ルナ4号 1963年4月5日 目標と接触失敗。地球の衛星になる [23]

1964年編集

機体 組織 日付 種類 成否 備考 画像
レインジャー6号   NASA 1964年2月2日 インパクター 部分的成功 衝突したが、電力の問題により写真は地上に送られなかった   [24]
ルナ1964A   ソ連 1964年3月21日 ランダー 失敗 地球軌道到達に失敗 [25]
ルナ1964B 1964年4月20日 [26]
ゾンド1964A 1964年6月4日 フライバイ [27]
レインジャー7号   NASA 1964年7月31日 インパクター 成功 衝突まで画像を地上へ送信   [28]

1965年編集

機体 組織 日付 種類 成否 備考 画像
レインジャー8号   NASA 1965年2月20日 インパクター 成功 衝突まで写真を地上に送信   [29]
コスモス60号   ソ連 1965年3月12日 ランダー 失敗 地球軌道離脱に失敗 [30]
レインジャー9号   NASA 1965年3月24日 インパクター 成功 ライブ画像を衝突までTV放送   [31]
ルナ1965A   ソ連 1965年4月10日 ランダー? 失敗 地球軌道到達に失敗? [32]
ルナ5号 1965年5月12日 ランダー crashed into Moon [33]
ルナ6号 1965年6月8日 月と接触失敗 [34]
ゾンド3号   ソ連 1965年7月20日 フライバイ 成功 元々は火星探査機であった可能性がある。発射時刻が遅れたので目標を変更。 [35]
ルナ7号   ソ連 1965年10月7日 ランダー 失敗 月に激突 [36]
ルナ8号 1965年12月6日 [37]

1966年編集

機体 組織 日付 種類 成否 備考 画像
ルナ9号   ソ連 1966年2月3日 -
1966年2月6日
ランダー 成功 初の軟着陸。初の地表から画像を送信。 [38]
コスモス111号   ソ連 1966年3月1日 オービター 失敗 地球軌道脱出に失敗 [39]
ルナ10号   ソ連 1966年4月3日 -
1966年5月30日
オービター 成功 月を周回した初の探査機 [40]
ルナ1966A   ソ連 1966年4月30日 オービター? 失敗 地球軌道到達に失敗 [41]
サーベイヤー1号   NASA 1966年6月2日 ランダー 成功 アメリカ発の軟着陸。有人飛行に向けた実験   [42]
エクスプローラー33号   NASA 1966年7月1日 -
1971年9月15日
オービター 部分的成功 惑星間プラズマ、宇宙船、磁場、太陽X線の研究。月軌道への投入に失敗し、地球軌道でミッションを遂行した。   [43]
ルナ・オービター1号   NASA 1966年8月14日 -
1966年10月29日
オービター 成功 月表面の撮影マッピング。ミッション遂行の後意図的に月表面に激突させた。   [44]
ルナ11号   ソ連 1966年8月28日 -
1966年10月1日
オービター 成功 ガンマ線、X線による月の構成を観測。 [45]
サーベイヤー2号   NASA 1966年9月23日 ランダー 失敗 月に衝突   [46]
ルナ12号   ソ連 1966年10月25日 -
1967年1月19日
オービター 成功 月表面撮影 [47]
ルナ・オービター2号   NASA 1966年11月10日 -
1967年10月11日
オービター 成功 月表面の撮影マッピング。ミッション最後に意図的に月に衝突させた。   [48]
ルナ13号   ソ連 1966年12月24日 ランダー 成功 月風景のTV撮影。土壌測定 [49]

1967年編集

機体 組織 日付 種類 成否 備考 画像
ルナ・オービター3号   NASA 1967年2月8日 -
1967年10月9日
オービター 成功 月表面の撮影マッピング。ミッション最後に意図的に月に衝突させた。   [50]
サーベイヤー3号   NASA 1967年4月20日 -
1967年5月4日
ランダー 成功 来るべき有人着陸に向けた研究   [51]
ルナ・オービター4号   NASA 1967年5月-10月 オービター 成功 月を写真撮影   [52]
エクスプローラー35号   NASA 1967年7月 -
1973年6月24日
オービター 成功 惑星間プラズマ、宇宙船、磁場、エネルギー粒子、太陽X線の研究。   [53]
サーベイヤー4号   NASA 1967年7月17日 ランダー 失敗 月に衝突   [54]
ルナ・オービター5号   NASA 1967年8月5日 -
1968年1月31日
オービター 成功 月の写真撮影。ミッション終了後に意図的に月に衝突。   [55]
サーベイヤー5号   NASA 1967年9月11日 -
1967年12月17日
ランダー 成功 来るべき有人着陸に向けた研究   [56]
ゾンド1967A   ソ連 1967年9月28日 失敗 月のカプセル実験。打ち上げ失敗   [57]
サーベイヤー6号   NASA 1967年11月10日 -
1967年12月14日
ランダー 成功 来るべき有人着陸に向けた研究   [58]
ゾンド1967B   ソ連 1967年11月22日 失敗 月のカプセル実験。打ち上げ失敗   [59]

1968年編集

機体 組織 日付 種類 成否 備考 画像
サーベイヤー7号   NASA 1968年1月10日 -
1968年2月21日
ランダー 成功 来るべき有人飛行に向けた研究。   [60]
ルナ1968A   ソ連 1968年2月7日 オービター? 失敗 地球軌道到達に失敗 [61]
ゾンド4号   ソ連 1968年3月2日 (打ち上げ) 月有人探査への無人試験飛行。   [62]
ルナ14号   ソ連 1968年4月10日 - ? オービター 成功 無線通信技術の試験、月のmascon研究。 [63]
ゾンド1968A   ソ連 1968年4月23日 フライバイ? 失敗 打ち上げ失敗   [64]
ゾンド5号   ソ連 1968年9月18日 フライバイ 成功 生物科学実験。帰還して地球に軟着陸。   [65]
ゾンド6号   ソ連 1968年11月14日 フライバイ 成功 宇宙線、宇宙塵、生物科学研究。帰還して地球に軟着陸   [66]

1969年編集

機体 組織 日付 種類 成否 備考 画像
ゾンド1969A   ソ連 1969年1月20日 フライバイ 失敗 打ち上げ中断   [67]
ルナ1969A   ソ連 1969年2月19日 ローバー 失敗 打ち上げ機が故障 [68]
ゾンドL1S-1   ソ連 1969年2月21日 オービター 失敗 打ち上げ機が故障   [69]
ルナ1969B   ソ連 1969年4月15日 サンプルリターン? 失敗 打ち上げ失敗 [70]
ルナ1969C   ソ連 1969年6月14日 サンプルリターン 失敗 打ち上げ失敗 [71]
ゾンドL1S-2   ソ連 1969年7月3日 オービター 失敗 打ち上げ失敗   [72]
ルナ15号   ソ連 1969年7月21日 サンプルリターン? 失敗? 月を52周した後衝突着陸 [73]
ゾンド7号   ソ連 1969年8月11日 フライバイ 成功 帰還して地球に軟着陸   [74]
コスモス300号   ソ連 1969年9月23日 サンプルリターン 失敗 地球軌道脱出に失敗 [75]
コスモス305号   ソ連 1969年10月22日 サンプルリターン 失敗 地球軌道脱出に失敗 [76]

1970年編集

機体 組織 日付 種類 成否 備考 画像
ルナ1970A   ソ連 1970年2月6日 サンプルリターン? 失敗 打ち上げ機が故障 [77]
ルナ1970B   ソ連 1970年2月19日 オービター? 失敗 打ち上げ機が故障 [78]
ルナ16号   ソ連 1970年9月20日 サンプルリターン 成功 初の無人サンプルリターン [79]
ゾンド8号   ソ連 1970年10月24日 フライバイ 成功 帰還して地球に軟着陸   [80]
ルナ17号   ソ連 1970年11月17日 -
1971年10月4日
ランダー 成功 ローバーを展開 [81]
ルノホート1号 ローバー 成功 初の無人ローバー。10 km走破。

1971年-1983年編集

機体 組織 日付 種類 成否 備考 画像
ルナ18号   ソ連 1971年9月11日 ランダー/サンプルリターン? 失敗 月に激突 [82]
ルナ19号   ソ連 1971年10月3日 -
1972年10月
オービター 成功 [83]
ルナ20号   ソ連 1972年2月21日 サンプルリターン 成功 無人サンプルリターンの2回目の成功 [84]
ソユーズL3   ソ連 1972年11月23日 オービター 失敗 打ち上げ失敗   [85]
ルナ21号   ソ連 1973年1月15日 -
1973年5月?
ランダー 成功 ローバーを展開 [86]
Lunokhod 2 ローバー 成功 2機目の無人ローバー。37 km走破。
エクスプローラー49号   NASA 1973年6月15日 -
1975年6月
オービター 成功 電波天文学。1994年までアメリカ最後の月ミッション。   [87]
マリナー10号   NASA 11月 1973年 フライバイ 成功 金星、水星へ向かう途中   [1]
ルナ22号   ソ連 1974年6月2日 -
1974年11月
オービター 成功 [88]
ルナ23号   ソ連 1974年11月6日 サンプルリターン 失敗 着陸時に損傷。サンプルリターン失敗。 [89]
ルナ1975A   ソ連 1975年10月16日 サンプルリターン 失敗 地球軌道到達に失敗 [90]
ルナ24号   ソ連 1976年8月18日 サンプルリターン 成功 ルナ計画最後のサンプルリターン [91]
ISEE3   NASA 1983年12月22日 フライバイ 成功 重力アシスト   [92]

1990年-現在編集

機体 組織 日付 種類 成否 備考 画像
ひてん   ISAS 1992年2月 - 1993年4月 オービター 成功 1990年1月から月交差地球軌道に入り、はごろもの失敗の後月軌道に移る。日本初の月探査機。   [93]
はごろも   ISAS 1990年3月 オービター 失敗 ひてんから切り離され月軌道に投入されるも通信途絶、軌道も確認されなかった。
クレメンタイン   BMDO/
  NASA
2月 - 1994年6月 オービター 部分的成功 月・地球観測、複合試験。予定されたジオグラフィスフライバイは失敗。   [94]
AsiaSat 3 AsiaSat 1998年5月13日/6月6日 通信衛星。静止軌道投入に失敗したため月を2回周回させることで軌道を変更させて静止軌道に投入した。1回目のスイングバイでは月から6,200kmの所を通過。 [95]
ルナ・プロスペクター   NASA 1998年1月 -
1999年7月
オービター 成功 月表面のマッピング。水の存在を確かめるため極に意図的に衝突(存在は確認されず)。   [96]
のぞみ   ISAS 1998年9月24日 フライバイ 成功 火星ミッションへの重力アシスト [97]
1998年12月18日 フライバイ 成功
スマート1   ESA 2004年11月13日 -
2006年9月3日
オービター 成功 技術試験、月の地質学研究。欧州初の月探査機。 [98]
かぐや   JAXA 2007年10月3日 - 2009年6月10日 オービター 成功 鉱物学、地理、磁気、重力の観測、測定。   [99]
おきな   JAXA 2007年10月9日 - 2009年2月12日 かぐやの孫衛星 成功 月の裏側のかぐやのデータ中継
おうな   JAXA 2007年10月12日 - 2009年6月29日 かぐやの孫衛星 成功 超長基線電波干渉法
嫦娥1号   CNSA 2007年11月5日 - 2009年3月1日 オービター 成功 3Dマッピング。地質学観測。中国初の宇宙探査機。   [100]
チャンドラヤーン1号   ISRO 2008年11月8日 - 2009年8月29日 オービター 部分的成功 高解像度三次元マッピング。月表面、内部構造のスペクトル分析。   [101]
MIP   ISRO 2008年11月14日 インパクター 成功 将来への軟着陸に向けた技術試験、近距離での月の観測。 [102]
ルナー・リコネサンス・オービター(LRO)   NASA 2009年6月23日 - オービター 軌道上 月資源調査。着陸可能場所の同定。   [103]
エルクロス   NASA 2009年10月9日 インパクター 成功 月の極地方にある永久影のクレーターに、氷が存在することを確認。   [104]
嫦娥2号   CNSA 2010年10月1日 - オービター 運用中 3Dマッピング。
ARTEMIS   NASA 2011年7月2日 (ARTEMIS P1), 2011年7月17日 (ARTEMIS P2) オービター 軌道上 地球磁気圏を観測する5機の衛星のうち2機を月周回軌道に投入させて観測を継続。
GRAIL   NASA 2011年12月31日 (GRAIL A), 2012年1月1日 (GRAIL B) - 2012年12月18日 オービター 成功 2機編成による重力分布の測定  
LADEE英語版   NASA 2013年9月7日 - 2014年4月17日[2] オービター 成功 月の希薄な大気の探査、地球とのレーザー光通信実験
嫦娥3号   CNSA 2013年12月2日 - ランダー 運用中(ローバーは2016年8月3日に稼動停止) 月の内部構造の調査、土壌の調査。 [3]
ローバー
嫦娥5号T1   CNSA 2014年10月23日 - オービター・リターン 運用中 第2宇宙速度に匹敵する高速で地球の大気圏に再突入する技術を実証
嫦娥4号   CNSA 2019年1月3日 - ランダー 運用中 月の裏側の調査。裏側への軟着陸は史上初。 [4]
ローバー
ベレシート   イスラエル 2019年2月22日 -
2019年4月11日
ランダー 失敗 通信途絶。成功していれば、初の民間団体による月軟着陸となっていた。  
チャンドラヤーン2号   ISRO 2019年8月20日 - オービター 運用中 月表面の高解像度撮影、ローバーのリレー中継。
ローバー   ISRO 2019年9月2日 ローバー 失敗 オービターから切り離され着陸軌道に投入されるも通信途絶。
嫦娥5号   CNSA 2020年11月24日 サンプルリターン 成功 月の表面からのサンプルリターン。

将来編集

機体 組織 日付 種類 成否 備考 画像
嫦娥6号   CNSA 2023年 サンプルリターン 開発中 月の裏側の表面からのサンプルリターン。
チャンドラヤーン3号英語版   ISRO 2021年 オービター・ランダー・ローバー 開発中 [5]

脚注編集

  1. ^ Mariner 10”. National Space Science Data Centre. 2008年7月16日閲覧。
  2. ^ “NASA Completes LADEE Mission with Planned Impact on Moon's Surface”. NASA. (2014年4月18日). http://www.nasa.gov/press/2014/april/nasa-completes-ladee-mission-with-planned-impact-on-moons-surface/index.html 
  3. ^ 嫦娥三号、月着陸に成功”. Sorae.jp (2013年12月14日). 2013年12月15日閲覧。
  4. ^ 【解説】史上初、月の裏に着陸成功のインパクト”. 日経BP (2019年1月7日). 2020年2月29日閲覧。
  5. ^ Firstpost •Jan 27. “Chandrayaan 3: ISRO starts work on second lander mission to the moon, launch planned in early 2021- Technology News, Firstpost” (英語). Firstpost. 2020年8月1日閲覧。

関連項目編集