メインメニューを開く

月曜ミステリーシアター(げつようミステリーシアター)は、TBS系列で、2013年4月15日から2015年3月23日まで毎週月曜日20:00 - 20:54(JST)に放送してきた連続ドラマ枠である[1]ステレオ放送連動データ放送2014年7月7日より)を実施していた。TBS系列全国28局ネット。『確証〜警視庁捜査3課』より開始。

目次

概要編集

同枠では長年にわたり松下電器・松下電工→松下グループ→パナソニックグループ単独スポンサー番組として『ナショナル劇場』→『パナソニック ドラマシアター』と題して、時代劇を中心に、随時ホームドラマやサスペンス・ミステリー作品などを放送した。2012年1月以後はタイトルを改名することなく、サスペンス・ミステリーが主体となったが、2013年4月の改編に伴い、より幅広い年齢層に支持されるそれに特化したものとしてゾーンタイトルを『月曜ミステリーシアター』と、「パナソニック」の冠タイトルを外したものに改めて再スタートすることとなった[2]。これに伴い、『ナショナル劇場』の時代より長きに渡って親しまれた番組開始のオープニングキャッチは、本シリーズより廃止された。

パナソニックグループ一社提供終了・複数社提供へ移行編集

2013年4月 - 9月クールはパナソニックグループの単独提供は維持されていたが[3]、パナソニックは2013年7月に、同年10月より当枠が複数社提供番組に変更する事を発表した。2013年9月16日終了の『名もなき毒』を以ってパナソニックグループ一社提供での放送は終了し、1956年4月開始の『ナショナルゴールデン・アワー』から続いたパナソニックグループ(旧・松下グループ)単独提供枠は57年6ヶ月で幕を下ろしたと同時に、TBS系列から一社提供番組における連続ドラマは姿を消した。

これにより、パナソニックグループ(旧松下グループ)単独提供枠から複数社提供へ移行する連続ドラマは、1980年1月の『ナショナルゴールデン劇場』(テレビ朝日)の複数社提供への移行(複数社提供に移行後は『ゴールデン劇場』に改題、松下電器・松下電工も複数社提供の2社として残留。1981年9月終了)以来となった。この継続提供期間は単独提供番組枠としては日本で最長であった。

2013年10月からパナソニックグループ(パナソニックパナホーム(隔週)[4])を筆頭スポンサーとする複数社提供となっている。なお、番宣ポスターでは引き続き「提供:パナソニックグループ」と表記され、提供他社名や「ほか」は追記されていない。

放送されている作品の多くは刑事・警察を舞台としたミステリーである。

59年にわたるTBSテレビ月曜20時台の連続ドラマ枠の廃枠へ編集

2015年3月23日をもって本枠は廃枠となり、1956年4月から59年間続いてきたTBSテレビ月曜20時台の連続ドラマ枠は幕を下ろすことになった。後番組はバラエティ番組枠となり、タカアンドトシ司会の『世にも不思議なランキング なんで?なんで?なんで?』となったが[5]、パナソニックグループは完全にスポンサーを降りた。これによりTBS20時枠のドラマは全廃になり、在京民放の20時枠ドラマはテレビ朝日の『木曜ミステリー』と、テレビ東京の『金曜8時のドラマ』の2本だけとなる。また本枠が廃枠になった事で、在京キー局の月曜ゴールデン枠での「1時間連続ドラマ」は、フジテレビ系列の「月9」だけとなる[6]

2017年1月23日から長年にわたって月曜21・22時台に放送されていた2時間のドラマ枠(『月曜名作劇場』)が20時開始の2時間枠に変更するため、当枠以来1年10ヶ月ぶりに月曜20時台でドラマが放送されたがこちらも2019年3月25日をもって終了となり、2019年4月以降は月曜20時台には『有田哲平と高嶋ちさ子の人生イロイロ超会議』が編成され、2年3ヶ月ぶりにバラエティ番組枠に戻る予定である。

放送作品編集

タイトル 放送期間 原作 共同製作の外部プロダクション 主演 備考
01 確証〜警視庁捜査3課 2013年4月15日 - 6月24日 今野敏双葉社刊) ドリマックス・テレビジョン
<『隠蔽捜査』を除いて制作協力>
高橋克実榮倉奈々 パナソニックグループ一社提供
02 名もなき毒(杉村三郎シリーズ・1) 2013年7月8日 - 9月16日 宮部みゆき文藝春秋文春文庫刊) 小泉孝太郎
03 刑事のまなざし 2013年10月7日 - 12月16日 薬丸岳講談社講談社文庫刊) 椎名桔平 複数社提供
04 隠蔽捜査 2014年1月13日 - 3月24日 今野敏(新潮社新潮文庫刊) 杉本哲太古田新太
05 ホワイト・ラボ〜警視庁特別科学捜査班〜 2014年4月14日 - 6月23日 東宝株式会社
<制作協力>
北村一輝
06 ペテロの葬列(杉村三郎シリーズ・2) 2014年7月7日 - 9月15日 宮部みゆき(集英社刊) ドリマックス・テレビジョン
<制作協力>
小泉孝太郎
07 SAKURA〜事件を聞く女〜 2014年10月20日 - 12月22日 The icon 仲間由紀恵
08 警部補・杉山真太郎〜吉祥寺署事件ファイル 2015年1月12日 - 3月23日 東映 谷原章介

ネット局と放送時間編集

製作クレジット編集

  • 原則として共同製作する外部プロダクション(TBS系列のプロダクション含む)が製作協力、TBSが製作著作としてクレジットされているが、『隠蔽捜査』、『SAKURA〜事件を聞く女〜』、『警部補・杉山真太郎〜吉祥寺署事件ファイル』はTBSと外部プロダクションの共同製作の扱いとなっている。これはナショナル劇場→パナソニックドラマシアター時代からの名残である[8]

備考編集

『名もなき毒』以降、TBSに限り、第1話放送の直前枠(19:55 - 20:00)に予告番組『もうすぐ○○』(○○にはドラマのタイトルが入る。)が別途放送されるようになった[9]

パナソニックグループ一社提供(2013年4月 - 9月)編集

提供クレジット編集

提供クレジットは、開始時は最初のCMに入る前に、終了時は次回予告後に流され、提供クレジットの後に「このドラマはフィクションです。」と表示されて番組終了となっていた。提供クレジットは基本的に開始・終了共にナショナル劇場末期→パナソニック ドラマシアターの終了時のクレジットとほぼ同じで、半透明のブルーバック表示であった。なお、番組を通してのCM放送枠時間は4分30秒となっていた。

  • 開始時のクレジットの提供読みは「この番組は、パナソニックグループがお送りします。」であった。
  • 終了時は、隔週でのパナソニックとパナホームによる2社提供表示で、提供アナウンスとクレジットは以下のようになっていた。
    • 「この番組は、パナソニックの提供でお送りしました。」(パナソニックの完全一社提供でパナホームは提供なし)
    • 「この番組は、パナソニックと、ご覧のスポンサーの提供でお送りしました。」(パナソニックは4分、パナホームは30秒提供)
  • スポンサーの読み上げはTBSアナウンサー升田尚宏が担当していた。

その他編集

  • ドラマの場面に使用される家電品、照明器具ブレーカーなどの配線器具、システムキッチンユニットバスなどの住宅設備は、全てパナソニックグループ各社の製品となっており、特にテレビVIERAおよび業務用ビデオモニター・ディスプレイ)、掛時計電話機ファクシミリでは製造会社名「Panasonic」の文字がはっきり読めるくらいアップで映るケースがあった(複数社提供移行後もこのケースは時折みられる。時には製品の品番も映るケースがある。)。また出演者が自転車に乗っている場面では、関連会社の「パナソニック サイクルテック」製の自転車が使用されていた。
  • 新聞ラテ欄に出稿される当枠の宣伝広告は前枠ではパナソニック側が出稿する広告となっていたが、当枠においてはTBS(系列局)側によるものとなっており、前枠にあった社名ロゴ等、パナソニックグループ単独提供を示す表示は一切なされていなかった。

複数社提供(2013年10月 - 2015年3月)編集

提供クレジット編集

  • 提供クレジットは、パナソニックグループ一社提供同様に、開始時は最初のCMに入る前に、終了時は次回予告後に流され、提供クレジットの後に「このドラマはフィクションです。」と表示されて番組終了となっていた。提供クレジットは基本的に開始・終了共にナショナル劇場末期→パナソニック ドラマシアターの終了時のクレジットとほぼ同じである。

脚注・出典編集

  1. ^ 当然ながら、2013年3月終了の『木曜ミステリーシアター』(読売テレビ制作、日本テレビ系列)とは無関係。
  2. ^ 唐沢寿明 18年ぶりTBSの連ドラに 月8はミステリーものスポーツニッポン 2013年2月27日、同3月1日閲覧)
  3. ^ 月曜ミステリーシアター 「確証~警視庁捜査3課」を、2013年4月15日(月)より放送開始産経新聞 2013年4月11日、同4月14日閲覧)
  4. ^ 基本的に、パナソニックが90秒提供する週と、パナソニック60秒・パナホーム30秒<この場合パナホームは「ご覧のスポンサー」扱い>で提供する週のパターンを交互に入れ替えている。この他にパナソニック以外の60秒スポンサーが入る時もある
  5. ^ TBS月8枠、59年ぶりバラエティー!「世にも不思議なランキング-」 SANSPO.COM 2015年2月14日閲覧(リンク先の2ページ目も参照)。
  6. ^ プライムタイムまで含めると、2018年4月よりテレビ東京が『ドラマBiz』を新設したため、現在は『月9』と『ドラマBiz』の2本となる。
  7. ^ 2014年3月24日(2013年度最終放送日)までは認定放送持株会社移行並びに分社化前のため、中部日本放送。
  8. ^ 時代劇に関してはTBSの制作クレジット出しはなく、外部のプロダクションのみ、制作クレジットされていた
  9. ^ 通常は月曜19時枠番組『私の何がイケないの?』の次回予告番組『来週の私の何がイケないの?』(特番などで間が空く時は『次回の~』と改題)を放送。ただし、初回2時間SP放送作品については、本編が19:00 - 20:49での放送となり、『来週の私の何がイケないの?』を20:49 - 20:54に繰り下げて放送するため、予告番組を放送しない。なおこの直前枠は本シリーズ廃枠と同時に廃止され、『何イケ』が5分拡大されて19:00 - 20:00の放送となった。

関連項目編集

TBS系列 月曜20:00 - 20:54枠
前番組 番組名 次番組
月曜ミステリーシアター
2013年4月15日 - 2015年3月23日
【この番組まで連続ドラマ枠】