渡辺光子

昭和期の歌手
月村光子から転送)

渡辺 光子(わたなべみつこ、1906年明治39年)4月11日 - 2003年平成15年))は昭和期の歌手。 他に和田春子等、多くの芸名がある。

経歴編集

東京都出身。東京高等音楽学院卒業後、東京音楽学校で教鞭をとる傍ら、レコード吹込みを行う。

1932年(昭和7年)には、7月に発売した「旅は青空」、和田春子名義で10月に発売したパーロフォンレコード「幌馬車の唄」、そして渡瀬春枝名義の11月発売「時雨ひととき」(池上利夫(松平晃)「忘られぬ花」B面)がそれぞれ別名で大ヒットを記録した。翌年も「街の流れ鳥」の大ヒットを飛ばすなど数々のヒット曲と共に、その別名の多さで知られた。

また、1937年(昭和12年)7月ポリドールレコード発売の「春の唄」も大ヒットする。この際は、結婚後名前が変わっていたので、月村姓となっている。国民歌謡からのヒット曲である。このように女性歌手では他に例をみない程、数々の芸名を使い分けていた非常に希有な存在の歌手だった。1933年前後が最も多くの名前を使い分けていた時期になる。数あるレコードの中では本人が両面を担当する際、別々の名前で歌い発売することもあった。芸名では他に川島信子、川瀬綾子、川辺綾子、川辺葭子、笹川銀子、島津千代子、田辺光子、月村光子、中村春枝、春海綾子、フローラ瑠璃子、紅小路満子、水野喜代子、水浪澄子などが確認されている。

1931(昭和6)年、電子楽器であるテルミンが日本に初めて輸入された時、聴衆の前でテルミンを演奏したという記録が残されている。また、自身がテルミンについて、音楽誌に述べた記事も現存する。

戦後は、宝塚音楽学校で教鞭を執った。

2003年(平成15年)、死去。享年97。

幌馬車の唄編集

昭和7年に発売した「幌馬車の唄」作詞:山田としを 作曲:原野為二は、当時日本統治下の台湾でもヒットして、戦後も愛唱された。侯孝賢監督作品映画「悲情城市」で劇中で歌われ、同監督「好男好女」の原作、藍博洲著『幌馬車の歌』はこの唄がモチーフとなっている。

  • 田村志津枝著『悲情城市の人びと 台湾と日本のうた』(晶文社)(1992年)ISBN 978-4794961037
  • 藍博洲中国語版著『幌馬車の歌』(間ふさ子妹尾加代塩森由岐子訳、草風館、2006年)ISBN 978-4883231652

ヒット曲編集

  • 哀しき口笛(1932年)
  • 旅は青空(1932年)大ヒット
  • 叱られて(1932年)*川路美子
  • かへらぬ恋(1932年)*川路美子
  • 幌馬車の唄(1932年)*和田春子、大ヒット
  • 時雨ひととき(1932年)*渡瀬春枝、大ヒット
  • 強くなってね(1933年)
  • 愁ひ(1933年)
  • 未來花の歌(1933年)
  • 街の流れ鳥(1933年)大ヒット
  • 在りし日の君(1933年)*伊達光子
  • 嫁ぐ日ちかく(1936年)*月村光子
  • 春の唄(1937年)*月村光子、大ヒット

舞台出演編集

  • 1929年12月3~29日 日本楽劇協会公演『堕ちたる天女』天女(歌舞伎座
  • 1930年3月26・27日・4月2日 日本楽劇協会公演『椿姫』フローラ(歌舞伎座)[1]

編集

  1. ^ 増井敬二・昭和音楽大学オペラ研究所『日本オペラ史 ~1952』(水曜社)p204。