メインメニューを開く

月田 承一郎(つきた しょういちろう、1953年昭和28年〉7月7日 - 2005年平成17年〉12月11日)は、日本医師医学者医化学分子免疫学)。学位医学博士東京大学1982年)。元・岡崎国立共同研究機構生体情報系教授京都大学大学院医学研究科教授タイトジャンクションの第一人者として知られ、クローディンを世界で初めて発見した。兵庫県神戸市東灘区出身。父親は月田潔(薬学神戸薬科大学教授)でその長男[1]。妻の月田早智子も医学者(2015年現在、大阪大学大学院医学研究科教授)。

略歴編集

兵庫県神戸市東灘区生まれ。1978年東京大学医学部卒業。東大在学中は解剖学第一講座に所属し、細胞生物学の基礎を学び、電子顕微鏡を使った研究を開始した。1982年東京大学大学院医学系研究科(解剖学第一講座)卒業と共に解剖学第三講座講師となった。1986年東京都臨床医学総合研究所(現・東京都医学総合研究所)超微形態研究部門の室長となり、1990年には岡崎国立共同研究機構生理学研究所生体情報系教授に就任した。1993年より京都大学医学部(平成7年の大学院重点化により、京都大学大学院医学研究科)教授となった。

分子生物学細胞生物学の分野で活躍し、特にタイトジャンクションの第一人者として知られた。また平成10年には世界で初めてクローディンを発見した。しかし、これからの活躍が期待された矢先、2003頃より膵臓ガンを患い、2年あまりの闘病後、2005年12月11日に52歳で死去した[2]

所属学会
  • 日本細胞生物学会
  • 日本癌学会
  • 日本生化学会
  • 日本生物物理学会

受賞歴編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 泉孝英「日本近現代医学人名事典」医学書院 2012年 pp.403 ISBN 978-4-260-00589-0
  2. ^ Vol.17 January (1) 月田承一郎博士日本細胞生物学会HP
  3. ^ 月田承一郎『Morphological bases of axonal transport』東京大学〈博士論文 甲第5902号〉、1982年3月29日。
  4. ^ ちなみに二人目に受賞したのが、山中伸弥2007年。当時カリフォルニア大学サンフランシスコ校 (UCSF) グラッドストーン研究所上級研究員。2012年ノーベル生理学・医学賞受賞)。2015年現在、日本人での同賞受賞者は月田と山中の2人のみである。

外部リンク編集