メインメニューを開く

有功章(ゆうこうしょう)は、地方公共団体公益法人等が功労ある者に授与する栄章のひとつ。

概要編集

 
愛国婦人会参等有功章

終戦前には愛国婦人会にて一等有功章から三等有功章が定められており、功労ある婦人に贈られていた。大日本武徳会では功労ある武道家に総裁皇族)から授与されていた。

今日では官公庁が定める表彰記章にはないが、大阪府堺市などで功労ある市民に贈られる堺市有功章がある他、公益法人として日本赤十字社金色有功章銀色有功章がある。

また、公益社団法人日本水難救済会では、救難所員として功労ある者に授与する名誉有功章及び、特別有功章、そして寄付者への表彰として会の事業に一定額を寄付した個人に対する有功章を定めている[1]。また、医療福祉分野においては、社団法人日本歯科医師会においても功労ある歯科医師に対して授与する有功章を定めている他、スポーツ団体においても全国・地方組織においてそれぞれ有功章及び類する栄章が存在する。

さらに、公益社団法人大日本農会は国内の農業において大きな功績を残した農事功績者に対する表彰として、紫白綬有功章緑白綬有功章紅白綬有功章の三種の有功章を授与している[2]

小さな親切運動では、推薦を受けた者は審査の後、代表からの表彰状と有功章が贈られる。

表彰状は推薦を受けた回数だけ貰えるが、有功章は1回のみとなる。

脚注編集

関連項目編集