メインメニューを開く

有吉 明(ありよし あきら、1876年4月15日 - 1937年6月25日)は、明治大正昭和前期の外交官上海総領事スイス公使ブラジル大使、中華民国公使を経て、大使館昇格に伴い初代中華民国大使となる[1]。対中国外交に尽力、軍部の中国進出に抵抗。

目次

人物編集

京都府出身。父は宮津藩藩士・京都留守居役・郡長の有吉三七

1899年に東京高等商業学校一橋大学の前身)を卒業し、外務省入省。駐ブラジル大使として日本人のアマゾナス州進出を支援[2]

10年にわたる上海総領事と、初代中華民国大使として昭和初期の日本の中国大陸に対する政策の最前線に身を置いた。汪兆銘蒋介石とも会談を重ね、日本国内の中国(華北)進出論に対して穏健論を通したが、当時の政府方針と合致せず事実上の解任となり中国を離れた。

経歴編集

国際連盟総会日本代表(第2回-第4回)

栄典編集

親族編集

脚注編集

  1. ^ 有吉明(ありよし あきら)とは - コトバンク
  2. ^ 有吉明サンパウロ人文科学研究所
  3. ^ 『官報』第7578号・付録「辞令」1908年9月28日。

関連項目編集

  • 白貞基 - 1933年に発生した有吉明暗殺未遂事件(六三亭事件)に参加したひとり