メインメニューを開く

有島 重武(ありしま しげたけ、1924年6月28日 - 2006年1月19日)は、日本政治家慶應義塾大学工学部卒業。衆議院議員を8期務めた。

有島重武
ありしま しげたけ
生年月日 1924年6月28日
没年月日 (2006-01-19) 2006年1月19日(81歳没)
出身校 慶應義塾大学工学部卒業

選挙区 東京都第6選挙区
当選回数 8回
在任期間 1967年 - 1990年
テンプレートを表示

経歴編集

1948年、慶應義塾大学工学部を卒業する。創価学会理事、民主音楽協会理事を務める。1963年発表の学会歌「世界広布の歌」を作曲。

1967年1月29日第31回衆議院議員総選挙に、東京6区から公明党公認候補として立候補し、初当選する(以降、連続8期)。

1984年、公明党会計監査委員に就任する。

1986年12月、公明党大会において、公明党中央統制委員に就任する。

1989年明電工事件の疑惑による矢野絢也公明党委員長退任にともない、公明党中央統制委員を退任する。

1990年2月、第39回衆議院議員総選挙に立候補せず、選挙地盤を公明党公認候補の東祥三に譲り、元公明党委員長の竹入義勝と共に政界を引退する。

2006年1月19日、死去。享年81。

親族編集

役職歴編集

  • 公明党会計監査委員
  • 公明党中央統制委員
  • 創価学会理事
  • 民主音楽協会理事