メインメニューを開く

有本 章(ありもと あきら、1941年10月26日 - )は、日本の教育社会学者、広島大学名誉教授。教育社会学(高等教育論)専攻。

広島市生まれ。1969年広島大学大学院教育学研究科博士課程単位取得退学。1985年「マートン科学社会学の研究 そのパラダイムの形成と展開」で教育学博士(広島大学)。第1次新渡戸フェロー、大阪教育大学助教授、教授、1988年広島大学高等教育研究開発センター教授[1]、2004年定年退官、特任教授、センター長、21世紀COE拠点リーダー等、名誉教授、比治山大学高等教育研究所長・教授、日本学術会議連携委員[2]

目次

著書編集

  • 『大学人の社会学』学文社 1981
  • 『マートン科学社会学の研究 そのパラダイムの形成と展開』福村出版 1987
  • 『大学教授職とFD アメリカと日本』東信堂 2005

共編著編集

  • 『職業と教育 職業指導論』近藤大生共編著 福村出版 1980
  • 『現代社会と教育』近藤大生共編著 福村出版 1984
  • 『現代の職業と教育 職業指導論』近藤大生共編 福村出版 1991
  • 『「学問中心地」の研究 世界と日本にみる学問的生産性とその条件』編 東信堂 1994
  • 『大学教授職の国際比較』江原武一共編著 玉川大学出版部 1996
  • 『大学改革の現在』山本眞一共編著 東信堂 講座「21世紀の大学・高等教育を考える」 2003
  • 『大学のカリキュラム改革』編 玉川大学出版部 高等教育シリーズ 2003
  • 『高等教育概論 大学の基礎を学ぶ』羽田貴史,山野井敦徳共編著 ミネルヴァ書房 Minerva教職講座 2005
  • 『大学力 真の大学改革のために』北垣郁雄共編著 ミネルヴァ書房 2006
  • 『変貌する日本の大学教授職』編著 玉川大学出版部 高等教育シリーズ 2008
  • 『教育社会学概論』山崎博敏,山野井敦徳共編著 ミネルヴァ書房 2010
  • 『変貌する世界の大学教授職』編著 玉川大学出版部 高等教育シリーズ 2011

翻訳編集

  • バートン・R.クラーク『高等教育システム 大学組織の比較社会学』東信堂 1994
  • E.L.ボイヤー『大学教授職の使命 スカラーシップ再考』玉川大学出版部 1996
  • H.J.パーキン『イギリス高等教育と専門職社会』安原義仁共編訳 玉川大学出版部 1998
  • B.R.クラーク『大学院教育の国際比較』監訳 玉川大学出版部 高等教育シリーズ 2002

論文編集

編集

  1. ^ 『現代日本人名録』
  2. ^ 『変貌する世界の大学教授職』著者紹介