メインメニューを開く
有栖川宮正仁親王

有栖川宮正仁親王(ありすがわのみや ただひと しんのう 元禄7年2月11日1694年3月6日)-享保元年9月24日1716年11月7日))は、江戸時代皇族有栖川宮第4代。父は幸仁親王宝永7年(1710年)、清閑寺熙定の女で徳川綱吉養女の竹姫と婚約したが、6年後に婚儀を目前にして早世。嗣子無く薨したため、霊元天皇第17皇子の職仁親王が有栖川宮を相続した。