メインメニューを開く

有田川(ありたがわ)は、筑後川水系花月川の支流で、大分県玖珠郡玖珠町及び日田市を流れる一級河川である。

有田川
水系 一級水系 筑後川
種別 一級河川
延長 13.746 km
平均の流量 -- m³/s
水源 月出山岳(玖珠郡玖珠町)
水源の標高 -- m
河口・合流先 花月川(日田市)
流域 大分県玖珠郡玖珠町日田市
テンプレートを表示

目次

地理編集

日田市東部の月出山岳(標高708.7m)に源を発し、概ね西流して、日田市の市街地北部で三隈川(筑後川本流の上流部)の支流である花月川に合流する[1]

自然編集

魚類では、絶滅危惧IB類(環境省レッドリスト)のオヤニラミが確認されていほか、カワムツオイカワウグイカマツカドンコ等が生息している。また、鳥類では、カワセミや準絶滅危惧(環境省レッドリスト)のハイタカが確認されているほか、ツバメスズメムクドリカワラヒワが多く見られる[1]

水害編集

有田川では、1995年(平成7年)7月、及び、2001年(平成13年)7月に、浸水被害が発生している[1]

また、2012年(平成24年)7月3日平成24年梅雨前線豪雨では、護岸が1か所で決壊して氾濫[2]。花月川の氾濫と併せて、沿川の家屋835戸が浸水した[3]。また、同年7月14日平成24年7月九州北部豪雨でも氾濫し[4]。これらの豪雨では観測史上最高の水位を記録を記録した[3]

これらの被害を受けて、有田川は国の河川激甚災害対策特別緊急事業に採択され、2016年度までの完工を目途として、以下の災害対策事業が行われる予定である[5]

  • 流木が集積して氾濫の一因となった日掛橋の架け替え。新橋は橋脚のない構造とし、高さを約60cm上げる。
  • 日掛橋から下流約800m区間の左岸を4.4m-7.5m拡幅し、狭小だった川幅を最大約30mとする。
  • 川原田井堰を、固定堰から可動堰に改築。
  • 岩盤状の川底を掘削。

流域の自治体編集

主な支流編集

並行する交通編集

道路編集

脚注編集

  1. ^ a b c 筑後川水系日田圏域河川整備計画 (PDF) 大分県、2003年9月
  2. ^ 県北西部豪雨 農林水産被害9億円 大分合同新聞、2012年7月7日
  3. ^ a b 「花月川・有田川河川激甚災害対策特別緊急事業着工式」を開催します (PDF) 筑後川河川事務所・大分県・日田市、2013年6月13日
  4. ^ 濁流再び失意の住民 県北西部また豪雨 大分合同新聞、2012年7月14日
  5. ^ 県豪雨被害の日田有田川 日掛橋を架け替え 大分合同新聞、2014年1月5日