メインメニューを開く

有神的進化論(ゆうしんてきしんかろん、Theistic evolution、Evolutionary theism)とは、キリスト教の思想のひとつで、進化論を受け入れ、神が進化によって人間を含む生物を創造したとする説。

概説編集

この立場では、創世記天地創造寓喩的に解釈[1]、宗教と生物学の両立を図る。

一方で創造論者側からは、この場合神はビッグバン以前と想像の世界にしか居場所がなくなるとの批判がある[2][3]。霊感論では、進化論の影響を受け、部分的な誤りが聖書にあると見なすところから部分的霊感説が出てくると指摘されている[4]

支持者編集

  • 内村鑑三は「神は進化の順序法則に従ひて萬物を造り完成し給ふ」として進化論を積極的に肯定した[7]

脚注編集

  1. ^ Evangelical Dictionary of Theology
  2. ^ 藤井修平「進化生物学に基づいた宗教的言説の考察」 - 宗教情報リサーチセンター
  3. ^ ドミニオン通信 - 6日創造を信じない福音派!?
  4. ^ 内田和彦『神の言葉である聖書』近代文芸社
  5. ^ 教皇、ビッグバン・進化論否定せず : 国際 : クリスチャントゥデイ
  6. ^ 聖書信仰に立つ-創世記3:1、マタイ4:3-42010年2月21日亀有教会鈴木靖尋牧師
  7. ^ 藤田豊「内村鑑三と進化論」 - 日本思想史学会

参考文献編集

  • 西満『天地創造の六日間 創世記一章の「日」に関する諸解釈』いのちのことば社、1995年11月。ISBN 4-264-01568-5
  • 『組織神学』ヘンリー・シーセン 聖書図書刊行会