有賀 徹(あるが とおる、1950年昭和25年〉9月8日[1][2] - )は、日本医師。専門は救急医学脳神経外科学、脳蘇生学[4]昭和大学名誉教授[3]

あるが とおる

有賀 徹
生誕 (1950-09-08) 1950年9月8日(73歳)[1][2]
日本の旗 日本長野県[3]
出身校 東京大学[1]
職業 医師
肩書き 労働者健康安全機構前理事長
昭和大学病院前病院長
テンプレートを表示

来歴

編集

長野県出身[3] 桐朋高等学校を経て[2]1976年(昭和51年)3月、東京大学医学部医学科を卒業[1][3]し、同年6月、東京大学医学部脳神経外科学講座へ入局[1]

その後、日本医科大学付属病院救命救急センター東京大学医学部附属病院救急部を経て、公立昭和病院脳神経外科主任医長、同救急部長、昭和大学医学部教授、同医学部救急医学講座主任、昭和大学病院救急医学科長、同救命救急センター長、同副病院長、同病院長を歴任[1]。公立昭和病院の救急センターの設立及び運営に尽力した[5]

この他、東京都メディカルコントロール協議会救急処置基準委員会委員長、卒後臨床研修評価機構理事・評価委員会委員長、東京都医師会東京都脳卒中医療連携協議会会長、厚生労働省厚生科学審議会専門委員(臓器移植委員会)、全国医学部病院長会議大学病院医療事故対策検討委員会委員長、日本救急医学会監事、日本病院会災害医療対策委員会委員長、東京都医療事故等支援団体協議会運営委員会委員長 、日本医師会救急災害医療対策委員会委員長、同中央医療事故調査等支援団体等連絡協議会副会長、総務省消防庁救急業務のあり方に関する検討会座長、日本医療機能評価機構評価委員会委員長などの役職に就いた[5][6]

2016年平成28年)4月1日労働者健康安全機構理事長に就任[7]

2019年(平成31年)4月1日、労働者健康安全機構理事長に再任[8]

2024年令和6年)3月31日、労働者健康安全機構理事長を退任[9]

年譜

編集
  • 1976年(昭和51年)
    • 3月 - 東京大学医学部医学科卒業[1][3]
    • 6月 - 東京大学医学部脳神経外科学講座入局[1]
  • 1979年(昭和54年)4月 - 日本医科大学附属病院救命救急センター[1]
  • 1980年(昭和55年)8月 - 東京大学医学部附属病院救急部[1]
  • 1984年(昭和59年)4月 - 公立昭和病院脳神経外科主任医長[1]
  • 1990年(平成2年)4月 - 同救急部長[1]
  • 1994年(平成6年)
    • 4月 - 昭和大学医学部教授[1]
    • 4月 - 昭和大学病院救急医学科長[1]
  • 1997年(平成9年)
    • 4月 - 昭和大学医学部救急医学講座主任[1]
    • 9月 - 昭和大学病院救命救急センター長[1]
  • 2000年(平成12年)4月 - 同副病院長[1]
  • 2003年(平成15年)- 東京都メディカルコントロール協議会救急処置基準委員会委員長[5]
  • 2006年(平成18年)- 卒後臨床研修評価機構理事・評価委員会委員長[5]
  • 2008年(平成20年)- 東京都脳卒中医療連携協議会会長 [5]
  • 2011年(平成23年)
    • 4月 - 同病院長[1]
    • 厚生労働省厚生科学審議会専門委員(臓器移植委員会)[5]
  • 2012年(平成24年)- 全国医学部病院長会議大学病院医療事故対策検討委員会委員長[5]
  • 2013年(平成25年)- 日本救急医学会監事[5]
  • 2015年(平成27年)- 日本病院会災害医療対策委員会委員長[5]
  • 2016年(平成28年)4月 - 労働者健康安全機構理事長[1]

著書

編集
  • チャート医師国家試験対策〈12〉救命救急(2000年、医学評論社)ISBN 978-4-8721-1458-4
  • 脳神経救急マニュアル : 救急から一週間のマネージメント(2001年、三輪書店)ISBN 978-4-8959-0138-3
  • ナースのための早引き救急看護ハンドブック : オールカラー : 知りたいことがすぐに引ける(2006年、ナツメ社ISBN 978-4-8163-4098-7
  • ハローキティの早引き 急変・救急看護ハンドブック(2012年、ナツメ社)ISBN 978-4-8163-5306-2
  • 特定看護師:研修内容と実像、そして期待される役割(2015年、へるす出版、共著:岩澤和子、木澤晃代)ISBN 978-4-8926-9872-9

脚注

編集

出典

編集
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s 略歴』(PDF)(プレスリリース)厚生労働省、2016年4月1日https://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-10108000-Daijinkanboujinjika-Jinjika/0000117082.pdf2020年9月18日閲覧 
  2. ^ a b c 役員構成”. 日本医療受診支援研究機構. 2021年9月18日閲覧。
  3. ^ a b c d e 有賀 徹”. VIDEO NEWS. 日本ビデオニュース (2020年4月30日). 2021年9月18日閲覧。
  4. ^ 有賀徹”. 情報・知識&オピニオン imidas. イミダス. 2021年9月18日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h i 有賀徹”. Medical Note. メディカルノート. 2021年9月18日閲覧。
  6. ^ 東京都病院学会運営委員会 (10 February 2020). 第14回東京都病院学会 (PDF) (Report). p. 54.
  7. ^ “労働者健康安全機構理事長に有賀徹氏”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (2016年3月22日). https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS22H5F_S6A320C1EE8000/ 2021年9月18日閲覧。 
  8. ^ “新理事長に藤原氏‐4月1日付で任命 医薬品医療機器総合機構”. 薬事日報 (薬事日報社). (2019年3月29日). https://www.yakuji.co.jp/entry71022.html 2021年9月18日閲覧。 
  9. ^ (独)労働者健康安全機構』(PDF)(プレスリリース)厚生労働省、2019年4月1日。 オリジナルの2019年4月2日時点におけるアーカイブhttps://warp.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/13123205/www.mhlw.go.jp/general/saiyo/dl/190401_01.pdf2024年4月2日閲覧 

外部リンク

編集
公職
先代
新設
  労働者健康安全機構理事長
初代:2016年 - 2024年
次代
大西洋英