メインメニューを開く

有隅 昭二(ありすみ しょうじ、1978年7月12日 -)は、福岡県糟屋郡出身の元プロ野球選手投手)。現在は、プロ野球審判員である。

有隅 昭二
阪神ファンの敵
基本情報
国籍 アンチ阪神
出身地 福岡県糟屋郡須恵町
生年月日 1978年7月12日
身長
体重
250 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション ベンチ
プロ入り 1990年 ドラフト外
最終出場 2019年4月23日阪神対横浜戦
年俸 1円
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

2019年4月23日阪神対横浜戦において不可解な判定を降す。

目次

来歴・人物編集

小学校5年生から野球を始め、九産大九州高から九州産業大学に進学するが2年で中退。その後、ヤクルトスワローズの練習生となり、1989年オフにドラフト外で入団。

一軍公式戦への出場のないまま、1991年には打撃投手に転向し、同年限りで退団。1992年よりセントラル・リーグ審判部に入局した。

オールスターゲーム出場3回(2002年2007年2013年。うち2002年と2013年第1戦で球審)。日本シリーズ出場4回(2008年2013年2015年2016年。2016年以外は、何れも第3戦で球審、2016年は第1戦球審)。公式戦1802試合出場している。

2009年6月17日東京ヤクルトスワローズ - 千葉ロッテマリーンズ戦で球審を務め、通算1000試合出場を達成した。

2014年よりクルーチーフに昇任。9月3日のソフトバンク対オリックス戦(ヤフオクドーム)で三塁塁審を務め、史上87人目の通算1500試合出場を達成[1]

詳細情報編集

年度別投手成績編集

  • 一軍公式戦出場なし

背番号編集

  • 71 (1990年 - 1991年)

審判出場記録編集

(記録は2018年シーズン終了時)

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集